Main Content

camva

カメラ視点角度の設定またはクエリ

構文

camva
camva(view_angle)
camva('mode')
camva('auto')
camva('manual')
camva(axes_handle,...)

説明

camva は、現在の座標軸で設定されているカメラの視点角度を返します。カメラの視点角度は、カメラの視野を決定します。角度が大きいと画面の表示は小さくなります。カメラの視点角度を変更することで、ズーミングの効果を実装します。

camva(view_angle) は、現在の座標軸における視点角度を指定された値に設定します。視点角度は度を単位として指定します。

camva('mode') は、カメラの視点角度モードの現在の値を返します。これは auto (既定の設定) または manual です。

camva('auto') は、カメラの視点角度モードを auto に設定します。

camva('manual') は、カメラの視点角度モードを manual に設定します。

camva(axes_handle,...) は、最初の引数 axes_handle で識別される座標軸に関して、設定またはクエリを実行します。Axes のハンドルを指定しない場合、camva は現在の Axes に作用します。

ヒント

関数 camva は、axes オブジェクトの CameraViewAngle プロパティと CameraViewAngleMode プロパティの値を設定またはクエリします。

カメラの視点角度モードが auto の場合、ウィンドウの空き領域いっぱいに画面が表示されるようにカメラの視点角度が調整されます。カメラを別の位置に移動すると、ウィンドウ内の空き領域いっぱいに画面が表示される状態を保持するようカメラの視点角度が変更されます。

カメラの視点角度を設定するか、カメラの視点角度モードを manual に設定すると、MATLAB® の表示域に合わせる (軸を表示域に合わせる) 機能が無効になります。すなわち、以下のようにしてカメラの視点角度を現在の値に設定すると、

camva(camva)
グラフの本来の表示に変更することができます。詳細については、axes を参照してください。

すべて折りたたむ

一方がズーム イン、もう一方がズーム アウトの 2 つのプッシュ ボタンを作成します。チェックする範囲をコールバック ステートメント内に設定して、カメラの視点角度をゼロより大きく、180 より小さい値の範囲に維持します。次に、ズーム インおよびズーム アウトの対象の表面プロットを作成します。

uicontrol('Style','pushbutton',...
  'String','Zoom In',...
  'Position',[20 20 60 20],...
  'Callback','if camva <= 1; return; else; camva(camva-1); end');

uicontrol('Style','pushbutton',...
  'String','Zoom Out',...
  'Position',[100 20 60 20],...
  'Callback',...
  'if camva >= 179; return; else; camva(camva+1); end');

surf(peaks);

Figure contains an axes object and other objects of type uicontrol. The axes object contains an object of type surface.

バージョン履歴

R2006a より前に導入