ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライティング、透明度、およびシェーディング

光源、カラー シェーディング、およびオブジェクトの透明度

関数

camlightカメラの座標系内で light オブジェクトを作成または移動する
lightLight を作成
lightangle球面座標系で Light オブジェクトを作成または設置
lightingライティング アルゴリズムを選択
shadingカラー シェーディング プロパティの設定
diffuse拡散光反射を計算
materialSurface および Patch オブジェクトの反射率プロパティの制御
specular鏡面反射の計算
alim座標軸のアルファ値の範囲を設定またはクエリ
alpha座標軸内のオブジェクトに透明度を追加
alphamapFigure の alphamap (透明度) を設定

トピック

ライティングの概要

光源を配置したり、ライトを反射するオブジェクトの特性を調整できます。

ライティング方法の選択

ライティングされたオブジェクトの面とエッジのカラーリングに使用する手法は複数あり、必要な結果に応じて選択します。

グラフィックス オブジェクトの反射率特性

patch オブジェクトおよび surface オブジェクトの反射率特性を変更することができます。これにより、ライトが照らされたときに見え方が変わります。

グラフィックス オブジェクトへの透明度の追加

グラフィックス オブジェクトの透明度は、そのオブジェクトが透けて見える度合いを決めます。グラフィックス オブジェクトに透明度を追加してチャートの見た目をカスタマイズしたり、通常では隠されているオブジェクトの詳細を見えるようにしたりできます。

イメージ、パッチまたは表面の透明度の変更

この例では、イメージ、パッチおよび表面の透明度を変更する方法を示します。

alphamap の変更

すべての図には関連付けられている alphamap (0 から 1 の範囲の値からなるベクトル) があります。alphamap は表示または変更できます。