Main Content

alpha

座標軸内のオブジェクトに透明度を追加

説明

alpha value は、現在の座標軸内にある、透明度をサポートするオブジェクトに面の透明度を設定します。value'clear''opaque'、または [0, 1] の範囲の数値として指定します。0 の値を指定すると、オブジェクトが透明になり、1 の値では、オブジェクトが完全に不透明になります。

alpha alphadata は、座標軸内にあるすべての image、patch、surface および scatter オブジェクトの透明度を変更します。このオプションは、オブジェクトの対応するアルファ データ プロパティを設定します。

alpha facealpha は、座標軸内の patch、surface、および scatter オブジェクトの面の透明度を制御します。このオプションでは、patch オブジェクトと surface オブジェクトの FaceAlpha を設定します。scatter オブジェクトの場合は、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティが設定されます。

alpha alphadatamapping は、座標軸内にあるすべての image、patch、surface および scatter オブジェクトのアルファ データ値の解釈を制御します。このオプションでは、オブジェクトの AlphaDataMapping プロパティを設定します。

alpha(obj,___) は、obj で指定されたオブジェクトの透明度を設定します。オプション obj は、前述の構文にあるどの入力引数よりも前に指定できます。文字配列の入力引数は、alpha(obj,'opaque') のように一重引用符で囲みます。

alpha(ax,___) は、現在の座標軸ではなく、ax によって指定された座標軸内にあるオブジェクトの透明度を設定します。最初の入力引数として ax を指定します。axobj の両方の入力を指定することはできません。

すべて折りたたむ

棒グラフと散布図を作成します。bar series と scatter series の両方のオブジェクトについて、面の透明度を 0.5 に設定します。

bar(1:10)
hold on
scatter(10*rand(10,1),10*rand(10,1),'filled','SizeData',200)
hold off
alpha(.5)

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type bar, scatter.

棒グラフと散布図を作成します。bar series オブジェクトには影響を与えずに、scatter series オブジェクトの透明度を 0.5 に設定します。

b = bar(1:10);
hold on
s = scatter(10*rand(10,1),10*rand(10,1),'filled','SizeData',200);
hold off
alpha(s,.5)

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type bar, scatter.

表面グラフを作成します。z 値に基づいて、表面全体で透明度を変化させます。

s = surf(peaks);
alpha(s,'z')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type surface.

イメージを作成します。色の値に基づいて、イメージ全体で透明度を変化させます。既定では、イメージは 0 ~ 1 の透明度の値に固定されます。0 未満の値は完全な透明、1 より大きい値は完全な不透明になります。その代わりに、alpha scaled コマンドを使用して alphamap の範囲に合わせて透明度の値を変換します。

imagesc(peaks)
alpha color
alpha scaled

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

面の透明度の値。次の値のいずれかとして指定します。

  • [0, 1] の範囲の数値 — 面の透明度を指定された値に設定します。値 0 は透明を表します。値 1 は不透明を表します。0 と 1 の間の値は一部透明です。

  • 'clear' — 面の透明度を 0 (透明) に設定します。

  • 'opaque' — 面の透明度を 1 (不透明) に設定します。

オブジェクトに面がない場合、あるいは面に色がない場合、関数 alpha はオブジェクトに視覚効果を与えません。たとえば、塗りつぶされていないマーカーや面のないマーカー ('*''+''.''x') を使用する scatter オブジェクトには、alpha は視覚効果を与えません。

次の表に、透明度をサポートするグラフィックス オブジェクトと、それに関連付けられた、指定値へと更新される面の透明度プロパティを示します。

グラフィックス オブジェクト 面の透明度プロパティ
area オブジェクトFaceAlpha
bar オブジェクトFaceAlpha
scatter オブジェクトMarkerFaceAlphaMarkerEdgeAlpha
histogram および histogram2 オブジェクトFaceAlpha
image オブジェクトAlphaData
chart および primitive surface オブジェクトFaceAlpha
patch オブジェクトFaceAlpha

オブジェクト全体にわたって透明度を変化させるオプション。次の表のいずれかの値として指定します。表の列は、座標軸に含まれるオブジェクトに応じて、各オプションがそれぞれの型のオブジェクトに与える効果を示しています。

オプションsurface オブジェクトscatter オブジェクトpatch オブジェクトimage オブジェクト
'x'AlphaData プロパティを XData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData プロパティを XData プロパティと同じに設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。FaceVertexAlphaData プロパティを XData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 効果なし。
'y'AlphaData プロパティを YData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData プロパティを YData プロパティと同じに設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。FaceVertexAlphaData プロパティを YData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 効果なし。
'z'AlphaData プロパティを ZData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData プロパティを ZData プロパティと同じに設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。FaceVertexAlphaData プロパティを ZData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 効果なし。
'color'AlphaData プロパティを CData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData プロパティを CData プロパティと同じに設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 FaceVertexAlphaData プロパティを FaceVertexCData プロパティと同じに設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData データ プロパティを CData プロパティと同じに設定します。
'rand'AlphaData プロパティを ZData プロパティと同じサイズの乱数行列に設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData プロパティを XData プロパティと同じサイズの乱数行列に設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 FaceVertexAlphaData プロパティを ZData プロパティと同じサイズの乱数行列に設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 AlphaData データ プロパティを CData プロパティと同じサイズの乱数行列に設定します。

ベクトルまたは行列 A を作成し、コマンドの関数形式を使用します。以下に例を示します。

A = [.1 .2; .3 .4]
alpha(A)

A を surface の CData プロパティと同じサイズの行列として指定します。関数 alphaAlphaData プロパティを A に設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。A を scatter オブジェクトの XData プロパティと同じサイズのベクトルとして設定します。関数 alphaAlphaData プロパティを A に設定し、MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。 A を patch の FaceVertexCData プロパティと同じサイズの行列として指定します。関数 alphaFaceVertexAlphaData プロパティを A に設定し、FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。A を image の CData プロパティと同じサイズの行列として指定します。関数 alpha は、AlphaData データ プロパティを A に設定します。

フラットな面または内挿された面の透明度のオプション。次の表のいずれかの値として指定します。表の列は、座標軸に含まれるオブジェクトに応じて、各オプションがそれぞれの型のオブジェクトに与える効果を示しています。

オプションsurface オブジェクトscatter オブジェクトpatch オブジェクト
'flat'FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。AlphaData プロパティは、CData プロパティと同じサイズの配列でなければなりません。FaceColor プロパティは、'flat' に設定しなければなりません。MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。AlphaData プロパティは、XData プロパティと同じサイズのベクトルでなければなりません。MarkerFaceColor プロパティは、'flat' に設定しなければなりません。FaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。FaceVertexAlphaData プロパティは、Faces プロパティの面の数と等しい長さの列ベクトルでなければなりません。
'interp'FaceAlpha プロパティを 'interp' に設定します。AlphaData プロパティは、CData プロパティと同じサイズの配列でなければなりません。FaceColor プロパティは、'interp' に設定しなければなりません。効果なし。FaceAlpha プロパティを 'interp' に設定します。FaceVertexAlphaData プロパティは、Vertices プロパティの頂点の数と等しい長さの列ベクトルでなければなりません。
'texture'FaceAlpha プロパティを 'texturemap' に設定します。FaceColor プロパティは、'texturemap' に設定しなければなりません。効果なし。効果なし。

アルファ データ値の解釈。'none''direct' または 'scaled' として指定します。このオプションでは、座標軸内にある image、patch、surface、および scatter オブジェクトの AlphaDataMapping プロパティを設定します。

  • 'none' — アルファ データ値を透明度の値として解釈します。0 以下の値は完全な透明を表します。1 以上の値は不透明を表します。0 と 1 の間の値は半透明です。

  • 'direct' — Figure の alphamap のインデックスとして値を解釈します。小数部のある値は最も近い小さい方の整数に固定されます。Figure の Alphamap プロパティには alphamap が含まれています。

  • 'scaled' — 座標軸の ALim プロパティで指定されている Figure の alphamap 部分の範囲に合わせて、アルファ データの値を変換します。データ値をアルファ値に線形マッピングします。

透明度をサポートするグラフィックス オブジェクト。スカラーまたはベクトルとして指定します。alpha がどのオブジェクトを対象にするかを制御する場合、このオプションを使用します。それ以外の場合、alpha は座標軸内で透明度をサポートするすべてのオブジェクトを対象にします。

次のオブジェクトのタイプを 1 つ以上指定します。

  • area オブジェクト

  • bar series オブジェクト

  • scatter series オブジェクト

  • histogram または histogram2 オブジェクト

  • image オブジェクト

  • patch オブジェクト

  • chart または primitive surface オブジェクト

メモ

一部のオブジェクトは、alphadatafacealpha および alphadatamapping の入力引数をサポートしません。各オプションがサポートするオブジェクトのリストは、構文の説明を参照してください。

axes オブジェクト。座標軸を指定しない場合は、alpha が現在の座標軸のグラフィックス オブジェクトの透明度を設定します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する