Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

cameratoolbar

カメラ ツール バーをプログラム内から制御

    説明

    cameratoolbar は、座標軸のカメラとライトを対話的に操作可能にするカメラ ツール バーを現在の Figure に表示します。利用可能な Figure がない場合は、MATLAB® が関数 figure を呼び出して Figure を作成します。

    ビジュアル カメラ ツール バー インターフェイスは、uifigure で作成された Figure でサポートされていません。ただし、figure で作成された Figure では、ビジュアル カメラ ツール バー インターフェイスを必要としない cameratoolbar 関数構文を使用できます。

    cameratoolbar(state) は、指定された可視性オプションを備えたカメラ ツール バーを表示します。

    tf = cameratoolbar('GetVisible') は、現在の Figure にカメラ ツール バーの可視性を返します (表示の場合は 1、非表示の場合は 0)。

    cameratoolbar(reset) は、現在のカメラ、シーンライト、またはターゲットを操作開始前の状態にリセットします。

    cameratoolbar('SetMode',mode) は、カメラ モーション コントロール モードを設定します。各モードの説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    m = cameratoolbar('GetMode') は、現在のカメラ モーション コントロール モードを返します。各モードの説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    cameratoolbar('SetCoordSys',coordsys) は、カメラ モーションの主軸を設定します。各座標軸の説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    p = cameratoolbar('GetCoordSys') は、カメラ モーションの現在の主軸を返します。各座標軸の説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    cameratoolbar(parent,___) は、指定された親 Figure にカメラ ツール バーを表示します。

    h = cameratoolbar(___) は、Toolbar オブジェクトを返します。

    すべて折りたたむ

    Figure を作成し、カメラ ツール バーを Figure に追加します。なお、Figure ウィンドウの [表示] メニューから [カメラ ツール バー] を選択してカメラ ツール バーを表示することもできます。カメラ ツール バーは、Figure の既定のツール バーの下に表示されます。

    f = figure;
    tb = cameratoolbar(f);

    Top portion of a figure window that displays the default figure toolbar and the camera toolbar below it

    'SetMode' を使用してカメラ ツール バー モードをズームに設定します。

    cameratoolbar('SetMode','zoom')

    Top portion of a figure window that displays the default figure toolbar and the camera toolbar below with the Zoom Camera button depressed

    入力引数

    すべて折りたたむ

    ツール バーの可視性状態。次の値のいずれかとして指定します。

    • 'show' — カメラ ツール バーを表示します。

    • 'hide' — カメラ ツール バーを非表示にします。

    • 'toggle''show' 状態と 'hide' 状態の間でカメラ ツール バーの可視性を切り替えます。

    • 'close' — カメラ ツール バーを Figure から削除します。

    state 入力引数は、関数 figure を使用して作成された Figure でのみ有効です。

    既定の状態に戻すリセット オプション。次の値のいずれかとして指定します。

    • 'ResetCameraAndSceneLight' — 現在のカメラとシーンライトをリセットします。

    • 'ResetCamera' — 現在のカメラをリセットします。

    • 'ResetSceneLight' — 現在のシーンライトをリセットします。

    • 'ResetTarget' — 現在のターゲットをリセットします。

    • 'NoReset' — いずれのカメラ コントロールの状態も設定しません。このオプションは、関数 figure を使用して作成された Figure でのみ有効です。

    'ResetCameraAndSceneLight''ResetCamera''ResetSceneLight'、および 'ResetTarget' オプションは、関数 uifigure または関数 figure を使用して作成された Figure で有効です。関数 figure を使用して作成された Figure の場合は、ツール バーで対応するボタンをクリックしてカメラおよびシーンライトをリセットすることもできます。

    カメラ モーション コントロール モード。次の値のいずれかとして指定します。

    • 'orbit' — カメラを旋回移動します。

    • 'orbitscenelight' — シーンライトを旋回移動します。

    • 'pan' — カメラを移動 (パン)/傾斜します。

    • 'dollyhv' — カメラを水平/垂直方向に移動します。

    • 'dollyfb' — カメラを前方/後方に移動します。

    • 'zoom' — カメラをズームします。

    • 'roll' — カメラを回転します。

    • 'nomode' — カメラ モードなし。

    各モードの説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    関数 figure を使用して作成された Figure の場合は、ツール バーで対応するボタンをクリックしてカメラ モードを設定することもできます。

    カメラ モーションの主軸。次の値のいずれかとして指定します。

    • 'x' — 主軸 X

    • 'y' — 主軸 Y

    • 'z' — 主軸 Z

    • 'none' — 主軸なし。

    各座標軸の説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    関数 figure を使用して作成された Figure の場合は、ツール バーで対応するボタンをクリックして主軸を設定することもできます。

    親 Figure。Figure オブジェクトとして指定します。

    出力引数

    すべて折りたたむ

    カメラ ツール バーの可視性。logical 値として返されます。カメラ ツール バーが表示されている場合、tf は logical 1 (true) です。それ以外の場合、tf は logical 0 (false) です。

    カメラ モーション コントロール モード。文字配列として返されます。各モードの説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    カメラ モーションの主軸。文字配列として返されます。各座標軸の説明については、カメラ ツール バーを参照してください。

    カメラ ツール バー。Toolbar オブジェクトとして指定します。

    バージョン履歴

    R2006a より前に導入

    すべて展開する