Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

refreshdata

チャート化されたデータの更新

説明

refreshdata は、現在の Figure のチャート化されたデータを更新してワークスペース変数の変更を反映します。refreshdata を使用する前に、まずチャートのデータ ソース プロパティ (XDataSource など) を設定しなければなりません。この関数は、これらのデータ ソースを評価してからチャートを更新します。

refreshdata(target) は、データ ソース プロパティをもつ指定の Figure、座標軸、またはチャートにおいて、チャート化されたデータを更新します。

refreshdata(target,workspace) は、データ ソース プロパティが評価されるワークスペースを指定します。

すべて折りたたむ

チャート化されたデータを更新して、ワークスペース変数の変更を反映します。

まず、いくつかのデータをプロットして Line オブジェクトを返します。

x = linspace(0,8);
y = sin(x);
ln = plot(x,y);

Line オブジェクトの XDataSource プロパティと YDataSource プロパティを設定して、チャートのデータ ソースを特定します。次に y を変更します。refreshdata を呼び出してチャートを更新します。

ln.XDataSource = 'x';
ln.YDataSource = 'y';
y = sin(3.*x);

refreshdata

特定のラインのチャート化されたデータを更新し、他のラインは変更せずに残します。

まず、2 セットの極データをプロットして Line オブジェクトを返します。

theta = linspace(0,2*pi);
rho1 = sin(theta);
rho2 = -sin(theta);

px = polaraxes;
hold on;
ln1 = polarplot(theta,rho1);
ln2 = polarplot(theta,rho2);

各ラインの RDataSource プロパティを設定します。次に、rho1rho2 を変更します。

ln1.RDataSource = 'rho1';
ln2.RDataSource = 'rho2';

rho1 = 0.5*sin(theta);
rho2 = 0.5*cos(theta);

ln1refreshdata の入力引数として使用して、1 番目のラインのみを更新します。2 番目のラインは変化しないことがわかります。

refreshdata(ln1)

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット オブジェクト。データ ソース プロパティをもつ Figure オブジェクト、Axes オブジェクト、PolarAxes オブジェクト、GeographicAxes オブジェクト、またはチャート オブジェクトとして指定します。たとえば、Line オブジェクトには XDataSource プロパティおよび YDataSource プロパティがあります。

データ ソース プロパティが評価されるワークスペース。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'base' — ベース ワークスペースでデータ ソース プロパティを評価します。

  • 'caller'refreshdata を呼び出した関数のワークスペースでデータ ソース プロパティを評価します。

ベース ワークスペース内にない変数のデータ ソース プロパティを設定する場合、ワークスペース オプションを 'caller' として指定しなければなりません。

R2006a より前に導入