Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

bar3h

3 次元の横棒グラフをプロット

構文

bar3h(Y)
bar3h(Z,Y)
bar3h(...,width)
bar3h(...,style)
bar3h(...,color)
bar3h(ax,...)
h = bar3h(...)

説明

bar3h は、3 次元の横棒グラフを描画します。

bar3h(Y) は、3 次元の棒グラフを描画します。ここでは Y の各要素が 1 本のバーに対応します。Y がベクトルの場合、z 軸の範囲は 1 から length(Y) までになります。Y が行列の場合、z 軸の範囲は 1 から Y の行数までになります。

bar3h(Z,Y) は、Z で指定される位置に Y の要素をもつ棒グラフを描画します。ここで Z は、横棒の z 値を定義するベクトルです。z の値は非単調でもかまいませんが、重複する値を含んではなりません。Y が行列の場合、Y 内の同じ行の要素が z 軸上の同じ位置に表示されます。

bar3h(...,width) は、バーの幅を設定し、グループ内におけるバーの間隔を制御します。既定の width0.8 で、バー同士がわずかに離れています。width1 の場合、グループ内ではバー同士が隙間なく表示されます。

bar3h(...,style) は、バーのスタイルを指定します。style は、'detached''grouped' または 'stacked' です。既定の表示モードは 'detached' です。

  • 'detached' は、Y の各行の要素を互いに分離した前後に並ぶブロックとして、x 軸方向に表示します。

  • 'grouped' は、m 本の横棒で構成されるグループを n 個表示します。ここで、nY の行数、m は列数です。各グループには、Y の列ごとに 1 本のバーが含まれます。

  • 'stacked' は、Y の行ごとに 1 本のバーを表示します。バーの長さは、行に含まれる要素の合計になります。個々のバーは複数のカラーで色分けされます。各カラーは各要素に対応し、行の各要素が合計に占める相対的な割合を示します。

bar3h(...,color) は、color で指定される色を使用して、すべてのバーを表示します。たとえば、バーの色を赤にするには 'r' を使用します。color は次の値のいずれかとして指定します。'r''g''b''c''m''y''k'、または 'w'

bar3h(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、座標軸 ax にプロットします。

h = bar3h(...)Surface オブジェクトのベクトルを返します。Y が行列の場合、関数 bar3h は、Y の列ごとに 1 つの Surface オブジェクトを作成します。

すべて折りたたむ

データセット count.dat を読み込みます。このデータセットは、3 列の行列 count を返します。Ycount の最初の 10 行として保存します。

load count.dat
Y = count(1:10,:);

Y の 3 次元横棒グラフを作成します。既定のスタイルは detached です。

figure
bar3h(Y)

データセット count.dat を読み込みます。このデータセットは、3 列の行列 count を返します。Ycount の最初の 10 行として保存します。

load count.dat;
Y = count(1:10,:);

Y の 3 次元横棒グラフを作成し、バーの幅を 0.5 に設定します。

width = 0.5;

figure
bar3h(Y,width)
title('Width of 0.5')

データセット count.dat を読み込みます。このデータセットは、3 列の行列 count を返します。Ycount の最初の 10 行として保存します。

load count.dat
Y = count(1:10,:);

Y の 3 次元横棒グラフを作成し、スタイル オプションを grouped に指定します。

figure
bar3h(Y,'grouped')
title('Grouped Style Option')

データセット count.dat を読み込みます。このデータセットは、3 列の行列 count を返します。Ycount の最初の 10 行として保存します。

load count.dat
Y = count(1:10,:);

Y の 3 次元横棒グラフを作成し、スタイル オプションを stacked に指定します。

figure
bar3h(Y,'stacked')
title('Stacked Style Option')

拡張機能

参考

| | |

R2006a より前に導入