Main Content

棒グラフの種類

棒グラフは、一定期間における結果やさまざまなデータセットからの結果の比較、個々の要素が全体量に占める割合などを示す場合に役立ちます。

既定では、棒グラフはベクトルや行列の各成分を 1 本の棒で表し、棒の高さが成分の値に比例します。

2 次元棒グラフ

関数 barx 軸に沿って棒を配置します。行列の同じ行の成分がグループ化されます。たとえば、行列が 5 行 3 列の場合、barx 軸に沿って 3 本の棒のグループを 5 つ表示します。棒の第 1 クラスターは Y の 1 行目の成分を表します。

Y = [5,2,1
     8,7,3
     9,8,6
     5,5,5
     4,3,2];
figure
bar(Y)

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type bar.

行の成分を積み重ねるには、関数 barstacked オプションを指定します。

figure
bar(Y,'stacked')

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type bar.

2 次元横棒グラフ

関数 barhy 軸に沿って棒を配置します。行列の同じ行の成分がグループ化されます。

Y = [5,2,1
     8,7,3
     9,8,6
     5,5,5
     4,3,2];
figure
barh(Y)

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type bar.

3 次元棒グラフ

関数 bar3 は各成分を独立した 3 次元ブロックとして描画し、各列の成分を y 軸に沿って配置します。

Y = [5,2,1
     8,7,3
     9,8,6
     5,5,5
     4,3,2];
figure
bar3(Y)

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type surface.

行の成分を積み重ねるには、関数 bar3stacked オプションを指定します。

figure
bar3(Y,'stacked')

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type surface.

3 次元横棒グラフ

関数 bar3h は各成分を独立した 3 次元ブロックとして描画し、各列の成分を z 軸に沿って配置します。

Y = [5,2,1
     8,7,3
     9,8,6
     5,5,5
     4,3,2];
figure
bar3h(Y)

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type surface.

参考

| | |