Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

棒グラフの重ね合わせ

この例では、2 つの棒グラフを重ね合わせ、棒の色と幅を指定する方法を説明します。その後、凡例を追加し、グリッド ラインを表示して、目盛りラベルを指定する方法を説明します。

棒グラフを作成します。バーが使用可能なスペースの 50% を使用するように、バー幅を 0.5 に設定します。FaceColor プロパティに RGB カラー値を設定して、バーの色を指定します。

x = [1 2 3 4 5];
temp_high = [37 39 46 56 67]; 
w1 = 0.5; 
bar(x,temp_high,w1,'FaceColor',[0.2 0.2 0.5])

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bar.

最初の棒グラフの上に 2 番目の棒グラフをプロットします。関数 hold を使用して、最初のグラフを保持します。バーが使用可能なスベースの 25% を使用するように、バー幅を .25 に設定します。バーの色に異なる RGB カラー値を指定します。

temp_low = [22 24 32 41 50];
w2 = .25;
hold on
bar(x,temp_low,w2,'FaceColor',[0 0.7 0.7])
hold off

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type bar.

グリッド ライン、y 軸のラベルおよび凡例を左上隅に追加します。グラフを作成する順序で凡例の説明を指定します。

grid on
ylabel('Temperature (\circF)')
legend({'Average High','Average Low'},'Location','northwest')

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type bar. These objects represent Average High, Average Low.

axes オブジェクトの XTick プロパティと XTickLabel プロパティを設定して、x 軸の目盛りラベルを指定します。XTick プロパティは、x 軸に沿った目盛り値の位置を指定します。XTickLabel プロパティは、各目盛り値で使用するテキストを指定します。XTickLabelRotation プロパティを使用してラベルを回転させます。プロパティの設定にはドット表記を使用します。

ax = gca;
ax.XTick = [1 2 3 4 5]; 
ax.XTickLabels = {'January','February','March','April','May'};
ax.XTickLabelRotation = 45;

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type bar. These objects represent Average High, Average Low.

参考

| |