ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

stem

離散データ列のプロット

構文

stem(Y)
stem(X,Y)
stem(___,'filled')
stem(___,LineSpec)
stem(___,Name,Value)
stem(ax,___)
h = stem(___)

説明

stem(Y) は、x 軸に沿ったベースラインから伸びるステムとして、データ シーケンス Y をプロットします。データ値は、各ステムの終点となる円によって表されます。

  • Y がベクトルの場合、x 軸の範囲は 1 から length(Y) までになります。

  • Y が行列の場合、stem は同じ x 値に対して 1 行のすべての要素をプロットします。x 軸の範囲は 1 から Y の行数までになります。

stem(X,Y) は、X で指定した値に、データ シーケンス Y をプロットします。入力 XY は、同じサイズのベクトルまたは行列でなければなりません。また、X は行ベクトルまたは列ベクトルで、Ylength(X) 行の行列でなければなりません。

  • XY が両方ともベクトルの場合、stemY のエントリを対応する X のエントリに対してプロットします。

  • X がベクトルで Y が行列の場合、stemY の 1 行のすべての要素が同じ値に対してプロットされるように、X で指定された一連の値に対して、Y の各列をプロットします。

  • XY が両方とも行列の場合、stemY の列を対応する X の列に対してプロットします。

stem(___,'filled') は、円を塗りつぶします。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

stem(___,LineSpec) は、ライン スタイル、マーカー記号、色を指定します。

stem(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペア引数を使用してステム グラフを変更します。

stem(ax,___) は、現在の座標軸 (gca) の代わりに ax によって指定される座標軸にプロットします。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = stem(___) は、Stem オブジェクトのベクトルを h に返します。h を使用して、ステム グラフを作成した後に変更を行います。

すべて折りたたむ

の範囲にある 50 個のデータ値のステム プロットを作成します。

figure
Y = linspace(-2*pi,2*pi,50);
stem(Y)

データ値は、ベースラインから伸び、データ値で終了するステムとしてプロットされます。Y の長さによって、x 軸上の各ステムの位置が自動的に決定されます。

2 列の行列を使って、2 つのデータ系列をプロットします。

figure
X = linspace(0,2*pi,50)';
Y = [cos(X), 0.5*sin(X)];
stem(Y)

Y の各列は個別の系列としてプロットされ、Y の同じ行のエントリは同じ x 値に対してプロットされます。Y の行数によって、x 軸上の各ステムの位置が自動的に生成されます。

0 ~ で評価された 50 個のデータの余弦値をプロットし、ステム プロット用に一連の x 値を指定します。

figure
X = linspace(0,2*pi,50)';
Y = cos(X);
stem(X,Y)

最初のベクトル入力によって、x 軸上の各ステムの位置が決定されます。

0 ~ で評価された 50 個のデータの正弦値と余弦値をプロットし、ステム プロット用に一連の x 値を指定します。

figure
X = linspace(0,2*pi,50)';
Y = [cos(X), 0.5*sin(X)];
stem(X,Y)

ベクトル入力によって、両方のデータ系列の x 軸の位置が決定されます。

異なる x の一連の値に、評価された 50 個のデータの正弦値と余弦値をプロットします。系列ごとに対応する一連の x 値を指定します。

figure
x1 = linspace(0,2*pi,50)';
x2 = linspace(pi,3*pi,50)';
X = [x1, x2];
Y = [cos(x1), 0.5*sin(x2)];
stem(X,Y)

X の各列は、Y の対応する列に対してプロットされます。

ステム プロットを作成し、各ステムの終点となる円を塗りつぶします。

X = linspace(0,10,20)';
Y = (exp(0.25*X));
stem(X,Y,'filled')

ステム プロットを作成し、LineSpec オプションを使って、ライン スタイルを点線、マーカー記号を菱形、色を赤に設定します。

figure
X = linspace(0,2*pi,50)';
Y = (exp(X).*sin(X));
stem(X,Y,':diamondr')

菱形の内側に色を付けるには、'fill' オプションを使用します。

ステム プロットを作成し、Name,Value ペアの引数を使って、ライン スタイルを一点鎖線、マーカー面の色を赤、マーカー エッジの色を緑に設定します。

figure
X = linspace(0,2*pi,25)';
Y = (cos(2*X));
stem(X,Y,'LineStyle','-.',...
     'MarkerFaceColor','red',...
     'MarkerEdgeColor','green')

ステムは、既定の色のままです。

2 つのサブプロットを含む Figure を作成し、各サブプロットの Axes、s(1) および s(2) へのハンドルを返します。ステム プロットの Axes ハンドル s(2) を参照して、下のサブプロットにステム プロットを作成します。

figure
s(1) = subplot(2,1,1);
s(2) = subplot(2,1,2);  

X = 0:25;
Y = [exp(0.1*X); -exp(.05*X)]';
stem(s(2),X,Y)

ステム プロットを作成します。

X = 0:25;
Y = [cos(X); exp(0.05*X)]';
h = stem(X,Y);

関数 stem はデータの各列ごとに 1 つの stem series オブジェクトを作成します。出力引数 h には 2 つの stem series オブジェクトが含まれます。

最初の stem series の色を緑に設定します。2 番目の stem series のマーカーを四角形に変更します。R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数setを使用してください。

h(1).Color = 'green';
h(2).Marker = 'square';

ステム プロットを作成し、ベースラインのプロパティを変更します。

X = linspace(0,2*pi,50);
Y = exp(0.3*X).*sin(3*X);
h = stem(X,Y);

ベースラインのライン スタイルを変更します。R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数setを使用してください。

hbase = h.BaseLine; 
hbase.LineStyle = '--';

Visible プロパティを 'off' に設定してベースラインを非表示にします。

hbase.Visible = 'off';

ベースライン レベルが 2 のステム プロットを作成します。

X = linspace(0,2*pi,50)';
Y = (exp(0.3*X).*sin(3*X));
stem(X,Y,'BaseValue',2);

入力引数

すべて折りたたむ

表示するデータ列。ベクトルまたは行列として指定します。Y がベクトルの場合、stemStem オブジェクトを 1 つ作成します。Y が行列の場合、stem は列ごとに別個の Stem オブジェクトを作成します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

Y のデータ値をプロットする位置。ベクトルまたは行列として指定します。Y がベクトルの場合、X は同じサイズのベクトルでなければなりません。Y が行列の場合、X は同じサイズの行列または長さが Y の行数と等しいベクトルでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

ライン スタイル、マーカー、色。文字ベクトルまたは string として指定します。詳細については、LineSpec を参照してください。

例: ':*r'

Axes オブジェクト。座標軸を指定しない場合、stem は現在の座標軸にプロットします。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前/値のペア引数を、任意の順番で指定できます。

例: 'LineStyle',':','MarkerFaceColor','red' は、点線でステムをプロットし、マーカー面の色を赤く色付けします。

ここでは、Stem プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Stem のプロパティ を参照してください。

ライン スタイル。次の表にリストされたオプションのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

例: 0.75

ステムの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: 'blue'

例: [0 0 1]

マーカー記号。次の表に挙げるマーカーのいずれかとして指定します。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

例: '+'

例: 'diamond'

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 10

マーカーの輪郭の色。'auto'、RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。既定値の 'auto' は、Color プロパティと同じ色を使用します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

マーカーの塗りつぶし色。'auto'、RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。'auto' 値は、座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

出力引数

すべて折りたたむ

Stem オブジェクト。特定の Stem オブジェクトの作成後に同オブジェクトのプロパティの変更に使用できる、一意の識別子です。

R2006a より前に導入