ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plot3

線形 3 次元プロット

構文

plot3(X1,Y1,Z1,...)
plot3(X1,Y1,Z1,LineSpec,...)
plot3(...,'PropertyName',PropertyValue,...)
plot3(ax,...)
h = plot3(...)

説明

関数 plot3 は、データ点の 3 次元プロットを表示します。

plot3(X1,Y1,Z1,...) は、X1Y1Z1 がベクトルまたは行列のとき、座標が、X1Y1Z1 の要素からなる座標点を通る 1 つ以上のラインを、3 次元空間にプロットします。X1Y1、および Z1 の値は、数値、datetime 値、duration 値、またはカテゴリカル値にすることができます。

plot3(X1,Y1,Z1,LineSpec,...) は、Xn,Yn,Zn,LineSpec の 4 つで定義されたすべてのラインを作成し表示します。LineSpec は、プロットされるラインのライン スタイル、マーカー記号、色を決定するラインの仕様です。

plot3(...,'PropertyName',PropertyValue,...) は、plot3 で作成されるすべてのチャート ラインのライン プロパティを指定されたプロパティ値に設定します。設定できるプロパティについては、Line のプロパティ を参照してください。

plot3(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、ax で指定された座標軸にラインを作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = plot3(...) は chart line オブジェクトの列ベクトルを返します。

すべて折りたたむ

t を 0 と の間の値として定義します。st および ct を正弦値および余弦値のベクトルとして定義します。3 次元らせんをプロットします。

t = 0:pi/50:10*pi;
st = sin(t);
ct = cos(t);

figure
plot3(st,ct,t)

ヒント

X1Y1Z1 のいずれか 1 つでもベクトルの場合、ベクトルの長さが行数または列数に等しいかどうかにより、ベクトルは行列の行または列に沿ってプロットされます。

Xn,Yn,Zn の 3 個の組み合わせと、LineSpecXn、Yn、,Zn、LineSpec の 4 個の組み合わせを、次のように混在して使うことができます。

plot3(X1,Y1,Z1,X2,Y2,Z2,LineSpec,X3,Y3,Z3)

ライン タイプとマーカーについては、関数 LineSpec と関数 plot を参照してください。

拡張機能

R2006a より前に導入