Main Content

plot3

3 次元の点またはライン プロット

  • 3-D line plot

説明

ベクトルと行列のデータ

plot3(X,Y,Z) は 3 次元空間に座標をプロットします。

  • 線分によって接続された座標セットをプロットするには、XY、および Z を同じ長さのベクトルとして指定します。

  • 同じ座標軸セットに複数の座標セットをプロットするには、XY、または Z のうちの少なくとも 1 つを行列として指定し、その他をベクトルとして指定します。

plot3(X,Y,Z,LineSpec) は、指定されたライン スタイル、マーカー、および色を使用してプロットを作成します。

plot3(X1,Y1,Z1,...,Xn,Yn,Zn) は、同じ座標軸セットに複数の座標セットをプロットします。複数のセットを行列として指定する代わりに、この構文を使用します。

plot3(X1,Y1,Z1,LineSpec1,...,Xn,Yn,Zn,LineSpecn) は、特定のライン スタイル、マーカー、および色を各 XYZ 3 成分に割り当てます。LineSpec を一部の 3 成分に対して指定し、その他に対しては省略することができます。たとえば、plot3(X1,Y1,Z1,'o',X2,Y2,Z2) は、最初の 3 成分に対してマーカーを指定しますが、2 番目の 3 成分に対しては指定しません。

テーブル データ

plot3(tbl,xvar,yvar,zvar) は、table tbl の変数 xvaryvar、および zvar をプロットします。1 つのデータ セットをプロットするには、xvaryvar、および zvar にそれぞれ 1 つの変数を指定します。複数のデータ セットをプロットするには、それらの引数の少なくとも 1 つに複数の変数を指定します。複数の変数を指定する引数では、同数の変数を指定しなければなりません。(R2022a 以降)

追加オプション

plot3(ax,___) は、ターゲット座標軸にプロットを表示します。前述の任意の構文で、最初の引数として座標軸を指定します。

plot3(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、Line プロパティを指定します。プロパティは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、Line のプロパティ を参照してください。

p = plot3(___)Line オブジェクトまたは Line オブジェクトの配列を返します。プロットのプロパティを作成後に変更するには、p を使用します。プロパティの一覧については、Line のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

0 ~ 10π の間の値からなるベクトルとして t を定義します。st および ct を正弦値および余弦値のベクトルとして定義します。次に、stct、および t をプロットします。

t = 0:pi/50:10*pi;
st = sin(t);
ct = cos(t);
plot3(st,ct,t)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

xy、および z 座標を 2 セット作成します。

t = 0:pi/500:pi;
xt1 = sin(t).*cos(10*t);
yt1 = sin(t).*sin(10*t);
zt1 = cos(t);

xt2 = sin(t).*cos(12*t);
yt2 = sin(t).*sin(12*t);
zt2 = cos(t);

関数 plot3 を呼び出して、連続する XYZ 3 成分を指定します。

plot3(xt1,yt1,zt1,xt2,yt2,zt2)

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type line.

x 座標の 3 行を含む行列 X を作成します。y 座標の 3 行を含む行列 Y を作成します。

t = 0:pi/500:pi;
X(1,:) = sin(t).*cos(10*t);
X(2,:) = sin(t).*cos(12*t);
X(3,:) = sin(t).*cos(20*t);

Y(1,:) = sin(t).*sin(10*t);
Y(2,:) = sin(t).*sin(12*t);
Y(3,:) = sin(t).*sin(20*t);

3 セットすべての z 座標を含む行列 Z を作成します。

Z = cos(t);

3 つすべての座標セットを同じ座標軸セットにプロットします。

plot3(X,Y,Z)

Figure contains an axes object. The axes object contains 3 objects of type line.

ベクトル xtyt、および zt を作成します。

t = 0:pi/500:40*pi;
xt = (3 + cos(sqrt(32)*t)).*cos(t);
yt = sin(sqrt(32) * t);
zt = (3 + cos(sqrt(32)*t)).*sin(t);

データをプロットし、axis equal コマンドを使用して各軸に沿って目盛り単位が等間隔になるように調整します。各軸のラベルを指定します。

plot3(xt,yt,zt)
axis equal
xlabel('x(t)')
ylabel('y(t)')
zlabel('z(t)')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ベクトル txt、および yt を作成し、円マーカーを使用してこれらのベクトルに点をプロットします。

t = 0:pi/20:10*pi;
xt = sin(t);
yt = cos(t);
plot3(xt,yt,t,'o')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ベクトル txt、および yt を作成し、10 ポイントの円マーカーを使用して、これらのベクトルに青線で点をプロットします。16 進数カラー コードを使用して、薄い青の塗りつぶし色をマーカーに指定します。

t = 0:pi/20:10*pi;
xt = sin(t);
yt = cos(t);
plot3(xt,yt,t,'-o','Color','b','MarkerSize',10,...
    'MarkerFaceColor','#D9FFFF')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ベクトル t を作成します。次に、t を使用して、2 組の x および y 値を計算します。

t = 0:pi/20:10*pi;
xt1 = sin(t);
yt1 = cos(t);

xt2 = sin(2*t);
yt2 = cos(2*t);

2 組の値をプロットします。最初の組に対しては既定のラインを使用し、2 組目に対しては破線を指定します。

plot3(xt1,yt1,t,xt2,yt2,t,'--')

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type line.

ベクトル txt、および yt を作成し、これらのベクトルにデータをプロットします。出力変数 p でチャート ラインを返します。

t = linspace(-10,10,1000);
xt = exp(-t./10).*sin(5*t);
yt = exp(-t./10).*cos(5*t);
p = plot3(xt,yt,t);

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ライン幅を 3 に変更します。

p.LineWidth = 3;

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

R2022a 以降

table のデータをプロットするには、table を関数 plot3 に渡してプロット対象の変数を指定すると便利です。

ベクトル xyt を作成し、table に入れます。次に、table の最初の 3 行を表示します。

t = (0:pi/20:10*pi)';
x = sin(t);
y = cos(t);
tbl = table(x,y,t);
head(tbl,3)
ans=3×3 table
       x          y          t   
    _______    _______    _______

          0          1          0
    0.15643    0.98769    0.15708
    0.30902    0.95106    0.31416

table 変数 xyt をプロットします。Line オブジェクトを p として返します。軸ラベルが変数名と一致することに注目してください。

p = plot3(tbl,"x","y","t");

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ラインの特性を変更するには、Line オブジェクトの LineStyle プロパティ、Color プロパティ、Marker プロパティを設定します。たとえばラインを、円マーカーを使った赤い点線に変更します。

p.LineStyle = ":";
p.Color = "red";
p.Marker = "o";

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

R2022a 以降

5 変数を含む table を作成します。次に、table の最初の 3 行を表示します。

t = (0:pi/500:pi)';
x1 = sin(t).*cos(10*t);
x2 = sin(t).*cos(12*t);
y1 = sin(t).*sin(10*t);
y2 = sin(t).*sin(12*t);
z = cos(t);
tbl = table(x1,x2,y1,y2,z);
head(tbl,3)
ans=3×5 table
       x1           x2            y1            y2           z   
    _________    _________    __________    __________    _______

            0            0             0             0          1
    0.0062707    0.0062653    0.00039452    0.00047329    0.99998
     0.012467     0.012423     0.0015749     0.0018877    0.99992

変数 x1x2"x" 軸に、変数 y1y2"y" 軸に、そして変数 z"z" 軸にプロットします。次に、凡例を追加します。凡例エントリは変数名と一致することに注意してください。

plot3(tbl,["x1","x2"],["y1","y2"],"z")
legend

Figure contains an axes object. The axes object contains 2 objects of type line.

R2019b 以降、関数 tiledlayout および nexttile を使用して、プロットをタイル表示できます。関数 tiledlayout を呼び出して、1 行 2 列のタイル表示チャート レイアウトを作成します。関数 nexttile を呼び出して、axes オブジェクト ax1 および ax2 を作成します。axes オブジェクトを plot3 に対する最初の引数として指定することで、座標軸に個別のライン プロットを作成します。

tiledlayout(1,2)

% Left plot
ax1 = nexttile;
t = 0:pi/20:10*pi;
xt1 = sin(t);
yt1 = cos(t);
plot3(ax1,xt1,yt1,t)
title(ax1,'Helix With 5 Turns')

% Right plot
ax2 = nexttile;
t = 0:pi/20:10*pi;
xt2 = sin(2*t);
yt2 = cos(2*t);
plot3(ax2,xt2,yt2,t)
title(ax2,'Helix With 10 Turns')

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 with title Helix With 5 Turns contains an object of type line. Axes object 2 with title Helix With 10 Turns contains an object of type line.

01 の乱数値のベクトルとして xy を作成します。乱数の duration 値のベクトルとして z を作成します。

x = rand(1,10);
y = rand(1,10);
z = duration(rand(10,1),randi(60,10,1),randi(60,10,1));

xy、および z をプロットし、z 軸の形式を分と秒で指定します。次に、軸ラベルを追加し、グリッドをオンにして、プロット ボックス内での点の可視化を容易にします。

plot3(x,y,z,'o','DurationTickFormat','mm:ss')
xlabel('X')
ylabel('Y')
zlabel('Duration')
grid on

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

ベクトル xtyt、および zt を作成します。値をプロットし、LineSpec 引数を使用して円マーカーで実線を指定します。200 番目のデータ点に 1 つのマーカーを配置するには、MarkerIndices プロパティを指定します。

t = 0:pi/500:pi;
xt(1,:) = sin(t).*cos(10*t);
yt(1,:) = sin(t).*sin(10*t);
zt = cos(t);
plot3(xt,yt,zt,'-o','MarkerIndices',200)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

入力引数

すべて折りたたむ

x 座標。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。X のサイズと形状は、データの形状と作成するプロットのタイプによって異なります。次の表では、最も一般的な状況について説明します。

プロットのタイプ座標の指定方法
1 つの点

XY、および Z をスカラーとして指定して、マーカーを含めます。以下に例を示します。

plot3(1,2,3,'o')

1 つの点集合

XY、および Z を同じ長さの行ベクトルまたは列ベクトルの任意の組み合わせとして指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4; 5; 6],[7 8 9])

複数の点集合
(ベクトルを使用)

連続した XY、および Z ベクトルのセットを指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9],[1 2 3],[4 5 6],[10 11 12])

複数の点集合
(行列を使用)

XY、または Z のうちの少なくとも 1 つを行列として指定し、その他をベクトルとして指定します。XY、および Z のそれぞれに、サイズが同じ次元が少なくとも 1 つなければなりません。最適な結果を得るには、同じ形状のすべてのベクトルと同じ形状のすべての行列を指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9; 10 11 12])

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

y 座標。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。Y のサイズと形状は、データの形状と作成するプロットのタイプによって異なります。次の表では、最も一般的な状況について説明します。

プロットのタイプ座標の指定方法
1 つの点

XY、および Z をスカラーとして指定して、マーカーを含めます。以下に例を示します。

plot3(1,2,3,'o')

1 つの点集合

XY、および Z を同じ長さの行ベクトルまたは列ベクトルの任意の組み合わせとして指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4; 5; 6],[7 8 9])

複数の点集合
(ベクトルを使用)

連続した XY、および Z ベクトルのセットを指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9],[1 2 3],[4 5 6],[10 11 12])

複数の点集合
(行列を使用)

XY、または Z のうちの少なくとも 1 つを行列として指定し、その他をベクトルとして指定します。XY、および Z のそれぞれに、サイズが同じ次元が少なくとも 1 つなければなりません。最適な結果を得るには、同じ形状のすべてのベクトルと同じ形状のすべての行列を指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9; 10 11 12])

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

z 座標。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。Z のサイズと形状は、データの形状と作成するプロットのタイプによって異なります。次の表では、最も一般的な状況について説明します。

プロットのタイプ座標の指定方法
1 つの点

XY、および Z をスカラーとして指定して、マーカーを含めます。以下に例を示します。

plot3(1,2,3,'o')

1 つの点集合

XY、および Z を同じ長さの行ベクトルまたは列ベクトルの任意の組み合わせとして指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4; 5; 6],[7 8 9])

複数の点集合
(ベクトルを使用)

連続した XY、および Z ベクトルのセットを指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9],[1 2 3],[4 5 6],[10 11 12])

複数の点集合
(行列を使用)

XY、または Z のうちの少なくとも 1 つを行列として指定し、その他をベクトルとして指定します。XY、および Z のそれぞれに、サイズが同じ次元が少なくとも 1 つなければなりません。最適な結果を得るには、同じ形状のすべてのベクトルと同じ形状のすべての行列を指定します。以下に例を示します。

plot3([1 2 3],[4 5 6],[7 8 9; 10 11 12])

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

ライン スタイル、マーカーおよび色。記号を含む文字ベクトルまたは string として指定します。記号の順番は任意です。3 つの特性 (ライン スタイル、マーカーおよび色) をすべて指定する必要はありません。たとえば、ライン スタイルを省略してマーカーを指定する場合、プロットはラインなしでマーカーのみを表示します。

例: '--or' は丸いマーカーをもった赤い破線

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

Sample of solid line

'--'破線

Sample of dashed line

':'点線

Sample of dotted line

'-.'一点鎖線

Sample of dash-dotted line, with alternating dashes and dots

マーカー説明結果のマーカー
'o'

Sample of circle marker

'+'プラス記号

Sample of plus sign marker

'*'アスタリスク

Sample of asterisk marker

'.'

Sample of point marker

'x'十字

Sample of cross marker

'_'水平線

Sample of horizontal line marker

'|'垂直線

Sample of vertical line marker

's'正方形

Sample of square marker

'd'菱形

Sample of diamond line marker

'^'上向き三角形

Sample of upward-pointing triangle marker

'v'下向き三角形

Sample of downward-pointing triangle marker

'>'右向き三角形

Sample of right-pointing triangle marker

'<'左向き三角形

Sample of left-pointing triangle marker

'p'星形五角形

Sample of pentagram marker

'h'星形六角形

Sample of hexagram marker

色名省略名RGB 3 成分外観
'red''r'[1 0 0]

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]

Sample of the color white

プロットするデータが含まれるソース table。table または timetable として指定します。

x 座標を含む table 変数。table のインデックス方式の 1 つを使用して指定します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列。

  • pattern オブジェクト。

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号。

  • 数値のベクトル。

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字。

  • vartype("categorical") — categorical 値を含んでいるすべての変数

指定する table 変数には、数値、categorical 値、datetime 値、または duration 値を含めることができます。複数の引数に複数の変数を指定する場合、変数の数はそれらの各引数で同じでなければなりません。

例: plot3(tbl,["x1","x2"],"y","z") は、x 座標用に x1 および x2 という名前の table 変数を指定します。

例: plot3(tbl,2,"y","z") は、x 座標用に 2 番目の変数を指定します。

例: plot3(tbl,vartype("numeric"),"y","z") は、x 座標用にすべての数値変数を指定します。

y 座標を含む table 変数。table のインデックス方式の 1 つを使用して指定します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列。

  • pattern オブジェクト。

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号。

  • 数値のベクトル。

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字。

  • vartype("categorical") — categorical 値を含んでいるすべての変数

指定する table 変数には、数値、categorical 値、datetime 値、または duration 値を含めることができます。複数の引数に複数の変数を指定する場合、変数の数はそれらの各引数で同じでなければなりません。

例: plot3(tbl,"x",["y1","y2"],"z") は、y 座標用に y1 および y2 という名前の table 変数を指定します。

例: plot3(tbl,"x",2,"z") は、y 座標用に 2 番目の変数を指定します。

例: plot3(tbl,"x",vartype("numeric"),"z") は、y 座標用にすべての数値変数を指定します。

z 座標を含む table 変数。table のインデックス方式の 1 つを使用して指定します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列。

  • pattern オブジェクト。

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号。

  • 数値のベクトル。

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字。

  • vartype("categorical") — categorical 値を含んでいるすべての変数

指定する table 変数には、数値、categorical 値、datetime 値、または duration 値を含めることができます。複数の引数に複数の変数を指定する場合、変数の数はそれらの各引数で同じでなければなりません。

例: plot3(tbl,"x","y",["z1","z2"]) は、z 座標用に z1 および z2 という名前の table 変数を指定します。

例: plot3(tbl,"x","y",2) は、z 座標用に 2 番目の変数を指定します。

例: plot3(tbl,"x","y",vartype("numeric")) は、z 座標用にすべての数値変数を指定します。

ターゲット座標軸。Axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定せず、現在の座標軸が直交座標軸の場合、plot3 は現在の座標軸を使用します。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: plot3([1 2],[3 4],[5 6],'Color','red') はプロットに赤のラインを指定します。

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Line のプロパティ を参照してください。

色。RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。指定した色がラインの色に設定されます。MarkerEdgeColor プロパティが 'auto' に設定されている場合は、マーカー エッジの色も設定されます。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB® の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

ライン幅をピクセルの幅より細くすることはできません。システムでライン幅をピクセルの幅より細い値に設定すると、ラインは 1 ピクセル幅で表示されます。

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

マーカーの輪郭の色。'auto'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。既定値の 'auto' は、Color プロパティと同じ色を使用します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

マーカーの塗りつぶし色。'auto'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。'auto' オプションは親の座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。'auto' を指定し、座標軸のプロット ボックスが非表示の場合、マーカーの塗りつぶし色は figure の色です。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

ヒント

  • ラインの途中で間を空けるには NaN または Inf を使用します。たとえば、このコードは z=2z=4 の途中で間を空けてラインをプロットします。

     plot3([1 2 3 4 5],[1 2 3 4 5],[1 2 NaN 4 5])

  • plot3 は座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づく色とライン スタイルを使用します。plot3 は最初のライン スタイルで色を順番に使用します。次に、以降のライン スタイルのそれぞれについて再び色を順番に使用します。

    座標軸の ColorOrder プロパティや LineStyleOrder プロパティを設定することによって、プロット後に色やライン スタイルを変更できます。また、関数 colororder を呼び出して、Figure 内のすべての座標軸で色の順序を変更することもできます。(R2019b 以降)

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する