Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isfloat

入力が浮動小数点データ型かどうかを判別

構文

y = isfloat(a)
y = isfloat(T)
y = isfloat(q)

説明

y = isfloat(a) は、fi オブジェクト aDataType プロパティが single または double の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。

y = isfloat(T) は、numerictype オブジェクト TDataType プロパティが single または double の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。

y = isfloat(q) は、q が浮動小数点 quantizer の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。

R2008a で導入