Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isscalingslopebias

入力に非自明の勾配とバイアス スケーリングがあるかどうかを判別

説明

tf = isscalingslopebias(a)fi オブジェクト a の勾配とバイアスのスケーリングが自明でない場合に 1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。勾配が 2 の整数の累乗で、バイアスが 0 の場合、勾配とバイアス スケーリングは自明です。

tf = isscalingslopebias(T)numerictype オブジェクト T の勾配とバイアスのスケーリングが自明でない場合に 1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

fi オブジェクトを作成し、その勾配とバイアスのスケーリングが自明でないかどうかを判別します。

a = fi(pi)
a = 
    3.1416

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 13
tf = isscalingslopebias(a)
tf = logical
   0

b = fi(pi,1,16,3,1)
b = 
     4

          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
                 Slope: 3
                  Bias: 1
tf = isscalingslopebias(b)
tf = logical
   1

fi オブジェクトの勾配とバイアスのスケーリングが自明である場合、つまり勾配が 2 の整数の累乗でバイアスがゼロの場合、isscalingslopebias0 を返します。

c = fi(pi,1,16,4,0)
c = 
     4

          DataTypeMode: Fixed-point: slope and bias scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
                 Slope: 2^2
                  Bias: 0
tf = isscalingslopebias(c)
tf = logical
   0

numerictype オブジェクトを作成し、その勾配とバイアスのスケーリングが自明でないかどうかを判別します。

T = numerictype
T =


          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 16
        FractionLength: 15
tf = isscalingslopebias(T)
tf = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力 fi オブジェクト。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

データ型: fi

入力 numerictype オブジェクト。スカラーとして指定します。

R2010b で導入