最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

vertcat

クラス: matlab.mixin.Heterogeneous
パッケージ: matlab.mixin

異種混合配列の垂直連結

構文

C = vertcat(A1,A2,...)

説明

C = vertcat(A1,A2,...) は、matlab.mixin.Heterogeneous オブジェクト A1A2 などを連結し、配列 C を構成します。すべての入力配列は、同じ列数であることが必要です。

オブジェクト配列 A1,A2,... のクラスは、matlab.mixin.Heterogeneous 階層の同じルート クラスから取得しなければなりません。

MATLAB® は、以下を呼び出します。

C = vertcat(A1,A2,...)

式は以下のとおりです。

C = [A1;A2;...]

A1A2 などが matlab.mixin.Heterogeneous オブジェクkとの配列である場合。

すべての入力引数が同じクラスである場合、結果のクラスは変更されません。すべての入力引数が matlab.mixin.Heterogeneous から導出される共通スーパークラスの異なるサブクラスのものである場合、結果は異種混合配列になります。配列のクラスは、すべての入力引数が共有する最も特定的なスーパークラスのクラスです。

すべての入力引数が同じ異種混合階層のメンバーではない場合、MATLAB は、支配クラスで定義されている場合 (他のクラスが支配していない場合に連結の最初の引数または一番左の要素)、convertObjects メソッドを呼び出します。

horzcat メソッドは、クラス matlab.mixin.Heterogeneous にシールされるため、サブクラスでオーバーライドすることはできません。

入力引数

A1

クラス matlab.mixin.Heterogeneous のオブジェクト配列

A2

クラス matlab.mixin.Heterogeneous のオブジェクト配列

出力引数

C

指定した垂直連結による配列。この配列のクラスは、入力引数が共有する最も特定的なスーパークラスのクラスです。

属性

Sealedtrue
Hiddentrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。