ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブクラス定義

サブクラスの構文と設計

サブクラスの実装、サブクラスからのスーパークラス メソッドの呼び出し、およびスーパークラスから導出できるクラスの制御を行う方法について説明します。

関数

superclassesスーパークラスの名前

クラス

matlab.mixin.Heterogeneous異種混合配列を構成するスーパークラス

トピック

クラスの階層

クラスの階層 — 概念

クラスを階層に整理すると、コードの再利用がしやすくなります。

異種混合クラス階層の設計

異種混合配列には異なるクラスのオブジェクトを含めることができますが、配列内のオブジェクトはすべて共通のスーパークラスから派生していなければなりません。

サブクラスの作成

サブクラスの構文

classdef 行でクラス名の後にスーパークラスを指定する。

サブクラス コンストラクターの設計

クラス ファイルの classdef 行でスーパークラスを指定します。

サブクラス オブジェクトでのスーパークラス メソッドの呼び出し

サブクラス メソッドは、継承したスーパークラス メソッドをオーバーライドできます。サブクラス メソッドは、オーバーライドしたスーパークラス メソッドを呼び出すことができます。

コンストラクターを呼び出す順序の制御

MATLAB® がクラス階層内でオブジェクトを作成する順序を制御します。

継承メソッドの変更

サブクラスは継承したメソッドを変更できます。

継承プロパティの変更

サブクラスは、継承したプロパティ (抽象プロパティまたはプライベート プロパティ) を変更できます。

複数のクラスからのサブクラスの作成

多重継承は定義の競合の原因となる場合があります。すべてのスーパークラスで定義の競合をなくさなければなりません。

許可されたサブクラスの指定

クラスは、そのクラスから派生可能なクラスを制限することができます。

ハンドル クラスの互換性

ハンドル互換クラス

ハンドル クラスと値クラスの両方が特定のクラスから派生できるようにする。

ハンドル互換クラスの定義方法

ハンドル互換クラスは、mixin および抽象スーパークラスで利用されます。

ハンドル互換クラスのメソッド

ハンドル互換クラス メソッドはハンドル オブジェクトと値オブジェクトの両方を操作できなければなりません。

ハンドル互換クラスと異種混合配列

異種混合クラス階層はクラスがハンドル互換の場合に特定の制限を課します。

クラス メンバーへのアクセスの制御

クラス メンバーのアクセス

プロパティ、メソッドおよび イベントについて許可されるアクセス レベルを指定する。