Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サブクラス化の適用

組み込みクラスのサブクラス化とインターフェイスの定義

特殊化されたデータ型を定義してデータの特定のクラスで実行できる操作を拡張するには、組み込みのクラスからクラスを導出します。このサブクラスは、組み込みのクラスからメソッドと動作を継承し、さらに特殊化された操作を実行するために新しいメソッドを追加できます。

トピック

異種混合クラス階層

異種混合配列のクラス階層

異種混合クラス階層により、関連する異なるクラスの配列を形成できます。

組み込み型のサブクラス

MATLAB 組み込み型のサブクラス

これらの基本データ型からの派生によって MATLAB® 組み込みクラスを拡張します。

継承した組み込みメソッドの動作

組み込みクラスをサブクラス化して、そのデータ型を扱う関数の動作を拡張します。

クラスでの size と numel の使用

関数 size および関数 numel はユーザー定義クラスを取り扱います。

組み込みクラスから派生したサンプル クラス

プロパティなしの組み込み型のサブクラス

プロパティと新しい動作を定義せずに、組み込みクラスからクラスを派生させることができます。

プロパティをもつ組み込み型のサブクラス

組み込みクラスから派生してプロパティを定義するクラスでは、そのクラスでの配列の動作を定義しなければなりません。

クラスによるハードウェアの表現

この組み込み数値クラスから派生したクラスの例は、有用な動作を継承しています。

組み込みクラスから派生した列挙

組み込み型から派生した列挙クラスは、これらの型から動作を継承します。

スーパークラス

抽象クラスとクラス メンバー

抽象クラスを使用して、各サブクラスが継承するインターフェイスを定義します。

インターフェイスのスーパークラスの定義

実装するサブクラス用のインターフェイスの定義方法。