ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

日付と時刻

異なる形式で表示できる日付と時刻の値の配列

日付と時刻のデータ型 datetimeduration および calendarDuration は、日付と時刻の効率的な計算、比較、書式設定された表示をサポートします。これらの配列は数値配列と同じ方法で使用します。日付と時刻の値を加算、減算、並べ替え、比較、連結、およびプロットできます。日付および時刻を数値配列またはテキストとして表すこともできます。詳細については、MATLAB での日付と時刻の表現を参照するか、日付と時刻の配列をご覧ください。

関数

すべて展開する

datetime 配列の作成

datetime時点を表す配列
NaTNot-a-Time

duration 配列の作成

years年単位の期間
days期間の日数
hours期間 (時間数)
minutes分単位の期間
seconds期間の秒数
millisecondsミリ秒単位の期間
duration固定長の単位で表す時間の長さ

calendarDuration 配列の作成

calyearsカレンダー期間の年数
calquartersカレンダー期間の四半期数
calmonthsカレンダー期間の月数
calweeksカレンダー期間の週数
caldaysカレンダー期間の日数
calendarDuration可変長カレンダー単位の時間の長さ

時間単位ごとのコンポーネントの抽出

year年番号
quarter四半期の値
month月番号と名前
week週番号
day日番号または曜日名
hour時間番号
minute分番号
second秒数

数値配列への分割

ymddatetime の年、月、日の番号
hmsdatetime または duration の時間、分、秒数
splitカレンダー期間を数値と期間の単位に分割
timeカレンダー期間の時間を期間に変換
timeofdaydatetime の深夜からの経過時間
isdatetime入力が datetime 配列かどうかを判別
isduration入力が duration 配列かどうかを判別
iscalendarduration入力がカレンダー期間配列かどうかを判別
isnatNaT (Not-a-Time) 要素の判別
isdst夏時間要素の判別
isweekend週末の要素の判別
timezonesタイム ゾーンの一覧
tzoffsetUTC からのタイム ゾーン オフセット
betweenカレンダーの差分の計算
caldiffカレンダーの連続する差分の計算
dateshift日付のシフトと日付および時刻のシーケンスの生成
isbetween日付と時刻の区間内の要素を判別

数値への変換

datenum日付と時刻をシリアル日付値に変換
datevec日付と時刻を成分のベクトルに変換
exceltimeMATLAB datetime の Excel 日付値への変換
juliandateMATLAB の datetime をユリウス日に変換
posixtimeMATLAB datetime の POSIX 時間への変換
yyyymmddMATLAB datetime の YYYYMMDD 数値への変換
addtodateフィールドごとに日付値を変更

string への変換

char文字配列
stringstring 配列
datestr日付と時刻を文字列書式に変換

数値または string としての現在の日付と時間

nowシリアル日付値として表現された現在の日時
clock日付ベクトルとして表現された現在の日付
date現在の日付文字列

カレンダー週またはカレンダー月の日

calendar指定した月のカレンダー
eomday月の最終日
weekday曜日

数値としての経過時間

etime日付ベクトル間の経過時間

トピック

MATLAB での日付と時刻の表現

配列 datetime を使用して、日付と時刻の情報を格納します。これらの配列は、演算、並べ替え、比較、プロットおよび書式設定された表示をサポートします。

日付と時刻の比較

>< などの関係演算子を使用して、2 つの datetime 配列または 2 つの duration 配列の要素ごとの比較を実行できます。

日付と時刻の表示形式の設定

配列 datetimeduration および calendarDurationFormat プロパティは、各配列の値の表示を制御します。このプロパティの値は変更できます。Format プロパティを変更しても、表示が変更されるだけで配列内の値は変更されません。

タイム ゾーンの指定

datetime を作成すると、既定ではタイム ゾーンは設定されません。複数のタイム ゾーンからの datetime 値を扱う場合や、夏時間を考慮する必要がある場合は、タイム ゾーンを指定する必要があります。

ロケール間でのコードとデータの共有

日付と時刻を処理するコードを他のロケールの MATLAB® ユーザーと共有する場合、これらのベスト プラクティスに従います。他のロケールからの日付の書き込みと読み取りを行います。

日付と時刻の配列をサポートする主要な関数

MATLAB には、日付と時刻の配列を他の配列とほぼ同じ方法で操作できる関数が多数あります。

トラブルシューティング

日付ベクトルと文字列の繰り上げ

ある要素が通常の範囲外である場合、MATLAB ではその日付ベクトル要素と直前の要素の両方が調整されます。

日付ベクトルの変換から予期しない出力が返される

日付ベクトルは 1 行 6 列のベクトルの値なので、datestr は入力された日付ベクトルをシリアル日付値のベクトルと解釈し、予期しない出力が返されることがあります。また、その逆も同様です。