Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

minute

入力の日付と時刻の分コンポーネント

説明

m = minute(t) は、t で指定した日付と時刻のそれぞれについて分コンポーネントを返します。

出力 mdouble 配列であり、0 から 59 の整数値が含まれます。t の値の分コンポーネントに分の値を代入するには、t.Minute を使用して Minute プロパティを変更します。

すべて折りたたむ

t1 = datetime('now');
t = t1 + minutes(2:4)
t = 1x3 datetime
   28-May-2022 00:18:49   28-May-2022 00:19:49   28-May-2022 00:20:49

m = minute(t)
m = 1×3

    18    19    20

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列として指定します。

Financial Toolbox™ を必要とする従来のコードをサポートできるように、minute ではシリアル日付値やテキストを入力として使用することもできますが、この方法は推奨されません。詳細については、バージョン履歴を参照してください。

拡張機能

バージョン履歴

R2014b で導入

すべて展開する