Main Content

second

入力の日付と時刻の秒コンポーネント

説明

s = second(t) は、t で指定した日付と時刻のそれぞれについて秒コンポーネントを返します。日付と時刻の秒コンポーネントには小数部を含めることができます。

出力 sdouble 配列で、0 以上 60 未満の値が格納されます。t の値の秒コンポーネントに値を代入するには、t.Second を使用して Second プロパティを変更します。

s = second(t,secondType) は、"secondofminute" または "secondofday" のいずれかとして指定されたタイプの、datetime 配列 t の秒を返します。

すべて折りたたむ

t1 = datetime('now','Format','dd-MMM-yyyy HH:mm:ss.SSS');
t = t1 + seconds(30:15:60)
t = 1x3 datetime
   19-Aug-2023 14:49:06.815   19-Aug-2023 14:49:21.815   19-Aug-2023 14:49:36.815

s = second(t)
s = 1×3

    6.8159   21.8159   36.8159

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列として指定します。

t のタイム ゾーンが UTCLeapSeconds である場合、s はうるう秒発生中の時間について 60 と 61 の間の値を含むことがあります。

Financial Toolbox™ を必要とする従来のコードをサポートできるように、second ではシリアル日付値やテキストを入力として使用することもできますが、この方法は推奨されません。詳細については、バージョン履歴を参照してください。

秒の値のタイプ。'secondofminute' または 'secondofday' のいずれかとして指定します。

  • secondType'secondofminute' の場合、second は 1 分間における秒数を返します。

  • secondType'secondofday' の場合、second は [0, 86400) の範囲 (うるう秒の場合を除く) の 1 日における秒数を返します。

この引数は、tdatetime 配列の場合のみ有効です。

拡張機能

バージョン履歴

R2014b で導入

すべて展開する