Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

leapseconds

datetime データ型によってサポートされるすべてのうるう秒のリストを表示

説明

T = leapseconds は、datetime データ型がサポートするうるう秒のリストが含まれる timetable を返します。各うるう秒について、timetable には発生した日付、その符号、その日付時点でのうるう秒の累積秒数が含まれます。

うるう秒を日付と時刻で考慮するには、関数 datetime を使用して datetime 配列を作成してから、'TimeZone' 名前と値のペアの引数の値を 'UTCLeapSeconds' として指定します。

[T,vers] = leapseconds は、MATLAB® で使用されているうるう秒データの国際地球回転・基準系事業 (IERS) Bulletin C のバージョン番号を返します。IERS は必要に応じて新しいうるう秒を定期的に宣言します。詳細については、IERS Bulletins を参照してください。

すべて折りたたむ

datetime データ型でサポートされるうるう秒をすべてリストする timetable を作成します。

T = leapseconds
T=27×2 timetable
       Date        Type    CumulativeAdjustment
    ___________    ____    ____________________

    30-Jun-1972     +              1 sec       
    31-Dec-1972     +              2 sec       
    31-Dec-1973     +              3 sec       
    31-Dec-1974     +              4 sec       
    31-Dec-1975     +              5 sec       
    31-Dec-1976     +              6 sec       
    31-Dec-1977     +              7 sec       
    31-Dec-1978     +              8 sec       
    31-Dec-1979     +              9 sec       
    30-Jun-1981     +             10 sec       
    30-Jun-1982     +             11 sec       
    30-Jun-1983     +             12 sec       
    30-Jun-1985     +             13 sec       
    31-Dec-1987     +             14 sec       
    31-Dec-1989     +             15 sec       
    31-Dec-1990     +             16 sec       
      ⋮

うるう秒が 2008 年に追加されたかどうか判断します。

最初に、うるう秒の timetable を作成します。

T = leapseconds
T=27×2 timetable
       Date        Type    CumulativeAdjustment
    ___________    ____    ____________________

    30-Jun-1972     +              1 sec       
    31-Dec-1972     +              2 sec       
    31-Dec-1973     +              3 sec       
    31-Dec-1974     +              4 sec       
    31-Dec-1975     +              5 sec       
    31-Dec-1976     +              6 sec       
    31-Dec-1977     +              7 sec       
    31-Dec-1978     +              8 sec       
    31-Dec-1979     +              9 sec       
    30-Jun-1981     +             10 sec       
    30-Jun-1982     +             11 sec       
    30-Jun-1983     +             12 sec       
    30-Jun-1985     +             13 sec       
    31-Dec-1987     +             14 sec       
    31-Dec-1989     +             15 sec       
    31-Dec-1990     +             16 sec       
      ⋮

開始時間と終了時間で 2008 年全体をカバーする time range オブジェクトを作成します。

tr = timerange('2008','year')
tr = 
	timetable timerange subscript:

		Select timetable rows with times in: YEARS
		  Starting at, including:   01-Jan-2008 00:00:00
		  Ending at, but excluding: 01-Jan-2009 00:00:00

	See Select Timetable Data by Row Time and Variable Type.

時間が 2008 年内である T の行を返すには、tr を使用して T にインデックスを付けます。timetable にインデックスを付ける場合、行番号または行時間によって行を指定できます。

T(tr,:)
ans=1×2 timetable
       Date        Type    CumulativeAdjustment
    ___________    ____    ____________________

    31-Dec-2008     +             24 sec       

MATLAB で使用されているうるう秒データの IERS Bulletin C バージョン番号をリストします。

[T,vers] = leapseconds;
vers
vers = 59

出力引数

すべて折りたたむ

うるう秒のリスト。timetable として返されます。

IERS Bulletin C のバージョン番号。整数として返されます。

R2020a で導入