Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

hms

datetime または duration の時間、分、秒数

説明

[h,m,s] = hms(t) は、t 内の datetime または duration 値の時間、分、秒の値を、それぞれ個別の数値配列として返します。出力 h および m は整数値を含みます。出力 s は小数部を含む場合があります。hm および st と同じサイズです。

datetime 配列で hms を呼び出した場合、hourminutesecond の各関数を呼び出した場合と等価になります。

すべて折りたたむ

t1 = datetime('now','Format','HH:mm:ss.SSS');
t = t1 + minutes(0:45:135)
t = 1x4 datetime
   20:41:16.538   21:26:16.538   22:11:16.538   22:56:16.538

[h,m,s] = hms(t)
h = 1×4

    20    21    22    22

m = 1×4

    41    26    11    56

s = 1×4

   16.5387   16.5387   16.5387   16.5387

hms は時、分、秒番号を個別の配列で返します。

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列または duration 配列として指定します。

データ型: datetime | duration

出力引数

すべて折りたたむ

時間番号。0 ~ 23 の整数値の数値配列として返されます。出力 hdouble 型で t と同じサイズになります。

分番号。0 ~ 59 の整数値の数値配列として返されます。出力 mdouble 型で t と同じサイズになります。

秒数。0 以上 60 未満の値の数値配列として返され、小数部が含まれる場合があります。タイム ゾーンが UTCLeapSeconds である datetime 値の場合、出力 s はうるう秒発生中の時間について 60 と 61 の間の値を含む場合があります。出力 sdouble 型で t と同じサイズになります。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | |

R2014b で導入