Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

構造体

さまざまな型とサイズのデータを含む名前付きフィールドをもつ配列

構造体配列は、フィールドと呼ばれるデータ コンテナーを使って、関連するデータをグループとしてまとめるデータ型です。各フィールドには任意のデータ型を含めることができます。structName.fieldName の形式のドット表記を使用して、構造体内のデータにアクセスします。詳細については、構造体配列を参照するか、構造体と cell 配列の紹介をご覧ください。

関数

struct構造体配列
fieldnames構造体のフィールド名、あるいは Java オブジェクトまたは Microsoft COM オブジェクトのパブリック フィールド
getfield構造体配列のフィールド内容の取得
isfield入力が構造体配列フィールドかどうかを判別
isstruct入力が構造体配列かどうかを判別
orderfields構造体配列のフィールドの並べ替え
rmfield構造体フィールドの削除
setfield構造体配列フィールドへの値の代入
arrayfun配列の個々の要素に関数を適用
structfunスカラー構造体の各フィールドに関数を適用
table2structテーブルの構造体配列への変換
struct2table構造体配列のテーブルへの変換
cell2structcell 配列を構造体配列に変換
struct2cell構造体を cell 配列に変換

トピック

構造体配列

構造体配列を作成し、データをフィールドに格納。配列インデックス付けとドット表記を使用して、コンテンツに名前でアクセス。

変数からフィールド名を生成

実行時に変数または式から構造体のフィールド名を動的に判別します。

データを構造体配列へ整理する方法

データを構造体配列に整理する方法を決定する際、データ アクセスとシステム メモリ制約の容易さについて検討する。

構造体配列のメモリ要件

構造体配列には連続メモリは必要ありませんが、フィールドには必要です。フィールド数やフィールド内の要素数をインクリメンタルに増やす代わりに、非常に大きな配列が含まれているフィールドに対してメモリを事前に割り当てます。

cell 配列と構造体配列

この例では、セルと構造体の配列を比較し、各タイプの配列でデータを格納する方法を示します。セルと構造体配列の両方を使用して、さまざまな型とサイズのデータを格納できます。