ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

数値型

整数および浮動小数点データ

MATLAB® の数値クラスには、符号付き整数、符号なし整数、単精度浮動小数点数、倍精度浮動小数点数が含まれています。既定の設定により、MATLAB ではすべての数値が倍精度浮動小数点として格納されます (既定の型と精度を変更することはできません)。任意の数値または数値配列を、整数あるいは単精度浮動小数点として格納するように選択することができます。整数および単精度配列に格納するほうが、倍精度よりもメモリを効率良く使用できます。

すべての数値型で、添字、変形、数学などの基本的な配列演算がサポートされています。

関数

double倍精度配列
single単精度配列
int88 ビット符号付き整数配列
int1616 ビット符号付き整数配列
int3232 ビット符号付き整数配列
int6464 ビット符号付き整数配列
uint88 ビット符号なし整数配列
uint1616 ビット符号なし整数配列
uint3232 ビット符号なし整数配列
uint6464 ビット符号なし整数配列
cast変数を別のデータ型にキャスト
typecast基となるデータを変更せずにデータ型を変換
isinteger入力が整数配列かどうかを判別する
isfloat入力が浮動小数点配列かどうかを判別
isnumeric入力が数値配列かどうかを判別
isreal配列が実数かどうかの判別
isfinite有限値の配列要素
isinf無限値の配列要素
isnanNaN の配列要素
eps浮動小数点相対精度
flintmax浮動小数点形式の最大連続整数
Infすべての Inf 値の配列の作成
intmax指定された整数タイプの最大値
intmin指定された整数タイプの最小値
NaNすべての NaN 値の配列の作成
realmax正の最大浮動小数点数
realmin正の最小正規化浮動小数点数

トピック

浮動小数点数

MATLAB では、浮動小数点数が倍精度または単精度のいずれかの形式で表わされます。既定の設定は倍精度です。

単精度数学

この例では、単精度データを使用して線形代数と演算を実行する方法を示します。

整数

MATLAB では、整数データの保存に対し 1、2、4、8 バイトがサポートされています。データが収まる最小の整数タイプを使用すると、メモリの消費量およびプログラムの実行時間を削減できます。

整数演算

この例では、信号とイメージを表す整数データに対して演算を実行する方法を示します。

複素数

複素数を作成します。複素数は、実数部と虚数部で構成されています。

無限大と NaN

MATLAB では、特殊な値 inf を使用して無限大を表現し、"非数 (Not a Number)" を意味する特殊な値 NaN を使用して、実数でも複素数でもない値を表現します。

数値クラスの識別

変数のデータ型は、次のいずれかのコマンドを使用して確認できます。

数値の表示形式

関数 format は、数値の表示を制御します。形式を変更すると、値は変更されず、表示のみが変更されます。

異なる整数型の組み合わせ

異なる整数型 (たとえば、符号付きと符号なし、あるいは 8 ビット整数と 16 ビット整数など) を組み合わせて 1 つの行列にする場合、結果の行列のすべての要素に一番左の要素のデータ型が設定されます。

整数データと整数以外のデータの組み合わせ

整数を doublesingle または logical のクラスと組み合わせる場合、結果の行列のすべての要素に一番左の整数のデータ型が設定されます。

空行列

空行列の要素を使用して行列を作成する場合、結果の行列で空行列は無視されます。

連結の例

この例では、異なるデータ型を連結する方法を示します。