ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

between

カレンダーの差分の計算

説明

dt = between(t1,t2) は、t1t2 の datetime 値の差分を返します。dt の出力は差分をカレンダー成分 (年、月、日、時刻) で表した calendarDuration 配列で、t2 = t1+dt になります。

dt = between(t1,t2,components) は、指定されたカレンダー成分または時刻の成分で表した datetime 値の差分を返します。

すべて折りたたむ

2 つの datetime 配列を作成します。

t1 = datetime('now')
t1 = datetime
   03-Feb-2019 10:16:03

t2 = datetime('tomorrow','Format','dd-MMM-yyyy HH:mm:ss') + caldays(0:2)
t2 = 1x3 datetime array
   04-Feb-2019 00:00:00   05-Feb-2019 00:00:00   06-Feb-2019 00:00:00

2 つの配列の差分を求めます。

dt = between(t1,t2)
dt = 1x3 calendarDuration array
      13h 43m 56.984s   1d 13h 43m 56.984s   2d 13h 43m 56.984s

between は、差分を日、時間、分、秒で表した calendarDuration 配列を返します。

6 か月間の datetime のシーケンスを作成します。その後、最初の日付からシーケンスの各日付までの日数を求めます。

t1 = datetime(2013,1,1);
t2 = dateshift(t1,'end','month',0:4)
t2 = 1x5 datetime array
   31-Jan-2013   28-Feb-2013   31-Mar-2013   30-Apr-2013   31-May-2013

dt = between(t1,t2,'Days')
dt = 1x5 calendarDuration array
    30d    58d    89d   119d   150d

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。入力 t1t2 のうちのどちらかは datetime 配列でなければなりません。t1t2 は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。

入力の日付と時刻。datetime 配列、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。入力 t1t2 のうちのどちらかは datetime 配列でなければなりません。t1t2 は、いずれかがスカラー値でない限り、同じサイズでなければなりません。

カレンダー成分または時刻の成分。次の文字ベクトルの 1 つとして指定するか、これらの値を 1 つ以上含む cell 配列または string 配列として指定します。

  • 'years'

  • 'quarters'

  • 'months'

  • 'weeks'

  • 'days'

  • 'time'

'time' を除き、これらの成分が表す時間の長さは一定ではありません。たとえば 1 か月の時間の長さは、1 月の datetime に追加する場合と 2 月の datetime に追加する場合とで異なります。

between は、カレンダーまたは時刻の成分を大きいものから降順に処理します。

一般に、components'time' を含めない限り、t2t1 + dt と等しくありません。

例: {'years','quarters'}

データ型: char | cell | string

出力引数

すべて折りたたむ

差分配列。calendarDuration 配列として返されます。

ヒント

  • t1t2 の datetime 値の差分を正確な固定長の期間として計算するには、t2-t1 を使用します。

拡張機能

R2014b で導入