ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

year

構文

y = year(t)
y = year(t,yearType)

説明

y = year(t)t の datetime 値について ISO 年番号を返します。ISO 年番号には 0 年が含まれ、負の値を使用して紀元前の年を表します。出力 yt と同じサイズの double の配列です。

y = year(t,yearType)yearType によって指定されたタイプの年番号を返します。

関数 year は datetime 値の年番号を返します。ISO 年番号を datetime 配列 t に割り当てるには、t.Year を使用して Year プロパティを変更します。

すべて折りたたむ

日付の配列から年番号を抽出します。

t = datetime(2010,05,31):calyears(1):datetime(2015,02,28)
t = 1x5 datetime array
   31-May-2010   31-May-2011   31-May-2012   31-May-2013   31-May-2014

y = year(t)
y = 1×5

        2010        2011        2012        2013        2014

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列として指定します。

年の値のタイプ。'iso' または 'gregorian' のいずれかとして指定します。

  • yearType'iso' の場合、year は ISO 年番号を返します。ISO 年番号には 0 年が含まれ、負の値を使用して紀元前の年を表します。

  • yearType'gregorian' の場合、year はグレゴリオ暦の年番号 (符号なし整数) を返します。たとえば、西暦 5 年と紀元前 5 年のグレゴリオ暦の年番号は両方とも 5 です。グレゴリオ暦の年番号に 0 年はありません。

拡張機能

参考

| | | | |

R2014b で導入