ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

date

文字ベクトルとしての現在の日付

構文

説明

c = date は、現在の日付を dd-MMM-yyyy の形式の文字ベクトルとして返します。

この形式は、月間通算日 (dd) を数字、月の名前 (MMM) を 3 文字の省略形、年 (yyyy) を数字として表します。

すべて折りたたむ

現在の日付を文字ベクトルとして返すには、関数 date を使用します。

c = date
c = 
'03-Feb-2019'

制限

  • date は、月の名前について常に英語の略語を返します。この関数は、月の名前を決定する際にシステム ロケールを考慮しません。

  • MATLAB Online は現在の日付を現地時間ではなく協定世界時 (UTC) から決定します。

ヒント

  • 代替方法として、関数 datetime を使用して現在の日付を表します。

    d = datetime('today')

    関数 datetime ではロケールが考慮されます。また、値を表すために datetime 配列により使用される形式を指定することもできます。

R2006a より前に導入