Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

etime

日付ベクトル間の経過時間

説明

メモ

日付と時刻は日付ベクトルで表すことができますが、時点を表すには datetime 値を、経過時間を表すには duration 値または calendarDuration 値を使用することをお勧めします。

e = etime(t2,t1) は、2 つの日付ベクトルまたは日付ベクトルの行列である t1t2 の間の秒数を返します。

メモ: コードを実行するために必要な時間を測定するには、etime ではなく timeit または tic および toc を使用します。詳細については、ヒントを参照してください。

すべて折りたたむ

指定時間から現在の時間までの経過時間を計算します。

最初の日付と時間を 2020 年 1 月の初めとして指定します。これを日付ベクトル フォームに変換します。

t1 = datevec('2020-01-01')
t1 = 1×6

        2020           1           1           0           0           0

現在の日付と時間を決定します。関数 clock は、現在の日付と時刻を日付ベクトルとして返します。

t2 = clock
t2 = 1×6
103 ×

    2.0210    0.0040    0.0300    0.0220    0.0120    0.0247

etime を使用して、t1t2 の間の秒数を計算できます。

e = etime(t2,t1)
e = 4.1984e+07

ただし、この方法は、コード実行の所要時間の測定には推奨されません。

入力引数

すべて折りたたむ

日付ベクトル。1 行 6 列のベクトルまたは [Year Month Day Hour Minute Second] の形式で m の完全な日付ベクトルを含む m 行 6 列の行列として指定します。

例: [2012 03 27 11 50 01]

データ型: double

ヒント

  • イベント期間の時間の場合、etime および clock を使用するのではなく、timeit または tic および toc の関数を使用します。関数 clock は、オペレーティング システムで定期的に調整されるシステム時間を基準にしているため、時刻の比較演算において信頼できない結果となる可能性があります。

アルゴリズム

関数 etime では次の時間は考慮されません。

  • うるう秒。

  • 夏時間による誤差。

  • タイムゾーンの変化。

参考

| |

R2006a より前に導入