ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

日付と時刻の表示形式の設定

個々の date および duration 配列の形式

datetimeduration および calendarDuration 配列には、各配列の値の表示を制御する Format プロパティがあります。datetime 配列を作成するとき、明示的に形式を指定しない限り、MATLAB® グローバル既定 datetime 表示形式が使用されます。Format プロパティにアクセスして、値を表示または変更するには、ドット表記を使用します。たとえば、datetime 配列 t の表示形式を既定の形式に設定するには、次のように入力します。

t.Format = 'default'

Format プロパティを変更しても、表示が変更されるだけで配列内の値は変更されません。たとえば、以下は同じ datetime 値を表現したものです (後の 2 つは時刻の成分を表示しません)。

Thursday, August 23, 2012 12:35:00
August 23, 2012
23-Aug-2012

datetimedurationcalendarDuration の各データ型の Format プロパティは、入力として様々な形式を受け付けます。

datetime の表示形式

Format プロパティは、次の文字ベクトルのいずれかに設定できます。

Format の値説明

'default'

既定の表示形式を使用します。

'defaultdate'

時刻の成分を表示しない既定の日付表示形式を使用します。

既定の形式を変更するには、既定の datetime 形式を参照してください。

あるいは、文字 A-Z および a-z を使用して、カスタム日付形式を指定します。フィールドを区切るためのハイフン、スペース、コロンなど文字以外のものを含めることができます。次の表に、一般的な表示形式と、ニューヨーク市の 2014 年 4 月 19 日 (土) 午後 9 時 41 分 06 秒の書式設定された出力の例を示します。

Format の値
'yyyy-MM-dd'2014-04-19
'dd/MM/yyyy'19/04/2014
'dd.MM.yyyy'19.04.2014
'yyyy年 MM月 dd日'2014年 04月 19日
'MMMM d, yyyy'4 月 19, 2014
'eeee, MMMM d, yyyy h:mm a'土曜日, 4 月 19, 2014 9:41 午後
'MMMM d, yyyy HH:mm:ss Z'4 月 19, 2014 21:41:06 -0400
'yyyy-MM-dd''T''HH:mmXXX' 2014-04-19T21:41-04:00

有効なシンボリック識別子の詳細なリストは、datetime 配列の Format プロパティを参照してください。

メモ

datetime が受け付ける文字識別子は、関数 datestrdatenum および datevec が使用するものとは異なります。

duration の表示形式

duration を、小数部を含む 1 つの数値として表示するには (1.234 時間など)、次のいずれかの文字ベクトルを指定します。

Format の値 説明
'y'正確な固定長の年数。固定長の 1 年は 365.2425 日と等しくなります。
'd'正確な固定長の日数。固定長の 1 日は 24 時間と等しくなります。
'h'時間数
'm'分数
's'秒数

表示される小数部の桁数を指定するには、関数 format を使用します。

デジタル タイマーの形式で期間を表示するには、次のいずれかの文字ベクトルを指定します。

  • 'dd:hh:mm:ss'

  • 'hh:mm:ss'

  • 'mm:ss'

  • 'hh:mm'

さらに、文字 S を最大 9 個追加することにより、秒の小数部を最大 9 桁表示できます。たとえば、'hh:mm:ss.SSS' は duration 値のミリ秒を 3 桁表示します。

Format プロパティを変更しても、表示が変更されるだけで配列内の値は変更されません。

calendarDuration の表示形式

calendarDuration 配列の Format プロパティを、yqmwd および t をこの順序で含むことができる文字ベクトルとして指定します。この形式には、md、および t が含まれなければなりません。

次の表に、文字が表す日付と時刻の成分を説明します。

文字単位必須
yいいえ
q四半期 (3 か月の倍数)いいえ
mはい
wいいえ
dはい
t時間 (時、分、秒)はい

小数点の秒数として表示される桁数を指定するには、関数 format を使用します。

日付または時刻の成分の値がゼロの場合は、表示されません。

Format プロパティを変更しても、表示が変更されるだけで配列内の値は変更されません。

既定の datetime 形式

明示的な表示形式なしで作成された datetime 配列の表示を制御するために、既定の形式を設定できます。これらの形式は、datetime 配列の Format プロパティを 'default' または 'defaultdate' に設定した場合にも適用されます。既定の設定を変更すると、既定の形式を使用するように設定された datetime 配列は、自動的に新しい設定を使用して表示されます。

既定の形式に対する変更は、MATLAB セッション間にわたって存続します。

既定の形式を指定するには次のように入力します。

datetime.setDefaultFormats('default',fmt)
ここで、fmt は、上記の配列 datetimeFormat プロパティに対して記述される文字 A-Z および a-z で構成される文字ベクトルです。たとえば、次のようになります。
datetime.setDefaultFormats('default','yyyy-MM-dd hh:mm:ss')
これは、既定の datetime 形式で、年を 4 桁、月番号を 2 桁、日番号を 2 桁、時、分、秒の値を表示するように設定します。

さらに、時刻の成分なしで作成された datetime の既定の形式も指定できます。たとえば、次のようになります。

datetime.setDefaultFormats('defaultdate','yyyy-MM-dd')
これは、既定の date 形式で、年を 4 桁、月番号を 2 桁、日番号を 2 桁で表示するように設定します。

既定の形式および既定の日付のみの形式を出荷時の既定値にリセットするには、次のように入力します。

datetime.setDefaultFormats('reset')
出荷時の既定の形式はシステムのロケールに依存します。

また、既定の形式は [設定] ダイアログ ボックスで設定することもできます。詳細については、コマンド ウィンドウの設定を参照してください。

参考

| | |