ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iscalendarduration

入力がカレンダー期間配列かどうかを判別

構文

tf = iscalendarduration(t)

説明

tf = iscalendarduration(t) は、tcalendarDuration 配列の場合は logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

演算の出力が calendarDuration 配列かどうかを判別します。

2 つの calendarDuration 配列を追加します。

d1 = calyears(1:4);
d2 = caldays(1:4);
d = d1 + d2
d = 1x4 calendarDuration array
   1y 1d   2y 2d   3y 3d   4y 4d

出力が calendarDuration 配列であるかどうかを判別します。

tf = iscalendarduration(d)
tf = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。t には任意のデータ型を使用できます。

拡張機能

R2014b で導入