ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

日付ベクトルと文字列の繰り上げ

ある要素が通常の範囲外である場合、MATLAB® ではその日付ベクトル要素と直前の要素の両方が調整されます。たとえば、分の要素が 70 である場合、MATLAB では時間の要素の値が 1 増やされて、分の要素の値が 10 に設定されます。分の要素が -15 である場合、MATLAB では時間の要素の値が 1 減らされて、分の要素の値が 45 に設定されます。月の値は例外です。MATLAB では月の値が 1 未満の場合は 1 に設定されます。

次の例では、月要素に値 22 があります。MATLAB は年の値を 2010 にインクリメントし、月を 10 月に設定します。

datestr([2009 22 03 00 00 00])
ans =
    03-Oct-2010

値の繰り上げは、日付と時刻を表すテキストでの日時の値にも適用されます。たとえば、2010 年 10 月 3 日と 2010 年 9 月 33 日は同じ日と解釈され、シリアル日付値は同じになります。

datenum('03-Oct-2010')
ans =
      734414
datenum('33-Sep-2010')
ans =
      734414

次の例では、入力の月に 07 (つまり 7 月) を受け取り、前月の最終日 (6 月 30 日) を判別して、その日付からフィールド指定で指定された日数 (5 日) を差し引いて、2010 年 6 月 25 日を返します。

datestr([2010 07 -05 00 00 00])
ans =
    25-Jun-2010