ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isdst

構文

tf = isdst(t)

説明

tf = isdst(t) は、t の対応する要素が夏時間の期間に発生している場合に logical 1 (true)、その他の場合は logical 0 (false) を含む、t と同じサイズの配列を返します。tTimeZone プロパティが空 ('') の場合、isdst はすべての要素に対して false を返します。

すべて折りたたむ

t = datetime(2014,3,7:11,'TimeZone','America/New_York')
t = 1x5 datetime array
   07-Mar-2014   08-Mar-2014   09-Mar-2014   10-Mar-2014   11-Mar-2014

tf = isdst(t)
tf = 1x5 logical array

   0   0   0   1   1

America/New_York タイム ゾーンの 2014 年 3 月 10 日と 3 月 11 日は、夏時間の期間に発生します。

入力引数

すべて折りたたむ

入力の日付と時刻。datetime 配列として指定します。

拡張機能

R2014b で導入