ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

calweeks

カレンダー期間の週数

説明

W = calweeks(X) は、X の値に相当するカレンダー週数を表す配列を返します。

  • X が数値配列の場合、WcalendarDuration 配列になります。この配列の各要素は、X の対応する要素のカレンダー週数に相当します。

  • XcalendarDuration 配列の場合、calweeks は、X の各カレンダー期間に相当する整数の週数を返します。

すべて折りたたむ

X = magic(4);
W = calweeks(X)
W = 4x4 calendarDuration array
   16w    2w    3w   13w
    5w   11w   10w    8w
    9w    7w    6w   12w
    4w   14w   15w    1w

カレンダー期間の配列を作成します。その後、対応する整数のカレンダー週数に各値を変換します。

X = caldays(15:17) + hours(1.2345)
X = 1x3 calendarDuration array
   15d 1h 14m 4.2s   16d 1h 14m 4.2s   17d 1h 14m 4.2s

W = calweeks(X)
W = 1×3

     2     2     2

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。数値配列、カレンダー期間配列、logical 配列のいずれかとして指定します。X が数値配列の場合、整数値しか格納できません。つまり、小数のカレンダー単位は作成できません。

出力引数

すべて折りたたむ

カレンダー週数。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として返されます。WX と同じサイズになります。W のデータ型は X に基づきます。

  • X が数値配列の場合、W は、カレンダー週数を可変長の単位で表すカレンダー期間の配列になります。

  • XcalendarDuration 配列の場合、W は、カレンダー週数を整数で表す double 配列になります。

拡張機能

R2014b で導入