ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isnat

NaT (Not-a-Time) 要素の判別

構文

tf = isnat(A)

説明

tf = isnat(A) は、A の要素が Not-a-Time (NaT) の場合は logical 1 (true)、その他の場合は logical 0 (false) を含む、datetime 配列 A と同じサイズの配列を返します。NaT は未定義の datetime を表します。

すべて折りたたむ

NaN を含む数値から datetime 配列を作成します。

d = datetime(2014,[1 2 NaN 4],1)
d = 1x4 datetime array
   01-Jan-2014   01-Feb-2014   NaT           01-Apr-2014

dNaT (Not-a-Time) の要素があるか判別します。

isnat(d)
ans = 1x4 logical array

   0   0   1   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。datetime 配列として指定します。

拡張機能

参考

|

R2014b で導入