Academia

Micromouse Contest

マイクロマウス競技は、参加者自らが作った自立型ロボットが自律的に(自分の力だけで)迷路を探索し、 ゴールまでに達する最短時間を競う競技です。

この競技は、1977年にIEEE(米国電気電子学会)が提唱したことに始まり、日本では1980年より「全日本マイクロマウス大会」として 毎年開催されています。我が国で初めての「ロボコン」として、また世界でも最も歴史あるロボット競技会でもあります。

現在では全日本大会とは言え、欧米の他アジア地域からも非常に技術レベルの高いロボットが多く参加するなど、事実上の世界大会と言われています。

無償ソフトウェア

MathWorks は、このコンテストに無償でソフトウェアを提供しています。このコンテストの参加チームでソフトウェアをご希望の場合は、ソフトウェア申し込みフォームをご記入のうえ、お申し込みください。

ソフトウェアの利用を申し込む

MATLAB and Simulink

Robotics Arena

ロボット工学や無人システムの学生コンテストに向けて、MATLAB と Simulink を使用してアルゴリズムを設計し、シミュレーションを行い、開発スピードを上げる方法をご紹介します。

参加チーム向けのトレーニング

対話形式のオンライン トレーニング コース

使いながら覚えよう!この2時間のオンラインコースは、WebベースのMATLABを使ったハンズオン形式になっており、コンテキストに応じたフィードバックをその場で受けることができます。

物理モデリング トレーニング ビデオ

この無料トレーニング教材で、自動車システムのモデリング、シミュレーション、解析を始めましょう。

モバイル ロボティクス トレーニング ビデオ

この無料トレーニング教材で、MATLAB と Simulink を使用して自律型ロボットのアルゴリズムを設計しテストする方法を学びましょう。

コード生成トレーニングビデオ

MATLAB 関数および Simulink モデルを C/C++ コードに変換する方法を学びます。

Racing Lounge ブログ

学生向けコンテストにおける成功事例やチームの体験談を紹介しています。

ブログを読む

MATLAB Centralのユーザー コミュニティに参加する

このコンテストに関して質問する、もしくはファイルを送信する

MATLAB Answers で質問する

The Winner's Circle

MATLAB と Simulink を活用してコンテストを勝ち抜いた世界各地の学生チームをご紹介します。

学生プロジェクトの一覧を見る