Simulink

設計、シミュレーション、展開。

Simulink により、マルチドメインモデルを使用してシステムを設計し、ハードウェアに移行する前にシミュレーションを行い、コードを記述することなく展開することができます。

モデルベースデザインのための Simulink

コンセプトから運用まで

複雑なシステムの開発を変革するために、市場をリードする企業では、プロセス全体を通してモデルを体系的に使用するモデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発) を導入しています。

  • 仮想モデルを使用して、システムのシミュレーションおよびテストを早期に何度も実施
  • 物理モデル、ハードウェアインザループ テスト、およびラピッド プロトタイピングを使用して設計を検証
  • 量産品質の C、C++、CUDA、PLC、Verilog、VHDL コードを生成し、組み込みシステムに直接展開
  • 要件、システム アーキテクチャ、コンポーネント設計、コード、テストを通したトレーサビリティを備えるデジタルスレッドを維持
  • モデルを運用中のシステムに拡張し、予知保全と故障解析を実施

シミュレーションのための Simulink

ハードウェア移行前のシステムの設計およびシミュレーション

マルチドメインのモデル化とシミュレーションを使用して、広範な設計空間を探索し、システムを早期にテストします。

  • 複数の設計案を 1 つのマルチドメイン シミュレーション環境で迅速に評価
  • 専用のサードパーティ モデリングツールなどの再利用可能なコンポーネントやライブラリを使用して、大規模なシステムモデルのシミュレーションを実施
  • デスクトップテスト、リアルタイムテスト、ハードウェアインザループ テスト用のシミュレーションモデルを展開
  • マルチコアデスクトップ、クラスター、およびクラウド上で大規模なシミュレーションを実行

モデルベース システムズ エンジニアリングのための Simulink

システムおよびソフトウェア アーキテクチャの設計、解析、テスト

モデルベース システムズ エンジニアリング (MBSE) は、モデルを適用してシステムのライフサイクル全体をサポートする開発手法です。Simulink は、要件やシステムアーキテクチャから詳細なコンポーネント設計、実装、およびテストに至るまでの、開発の各段階の橋渡しをします。

  • 要件の把握および分解
  • コンポーネント、コンポジション、アーキテクチャの仕様を定義し、詳細を指定
  • アーキテクチャおよびコンポーネントレベルのインターフェイスの単一ソースを確立
  • MATLAB を使用して解析とトレードスタディを実行
  • シミュレーションベースのテストにより要件の妥当性を確認し、システムアーキテクチャを検証

アジャイル ソフトウェア開発のための Simulink

アジャイル ソフトウェア開発は、継続的インテグレーションとチームのコラボレーションを重視し、短期間の反復サイクルを使用することで、より迅速に顧客に価値を提供することができます。シミュレーション、自動テスト、コード生成により開発サイクルを短縮し、アジャイルチームを成功に導くことができます。

  • オートメーション サーバーでの開発およびシミュレーション テストの実行により、新しい設計の反復を継続的に検証
  • ハードウェア移行前にデスクトップで詳細な解析とテストを実行
  • シミュレーションを通して、顧客が評価可能な動作するソフトウェアを提供
  • モデルの更新やシミュレーションを通して、変化する要件にすばやく対応
  • 自動レポートとダッシュボードを使用して主要なステークホルダーに対して進捗状況を可視化

MATLAB ユーザーのための Simulink

MATLAB および Simulink を併用することで、テキストベースのプログラミングとグラフィカルなプログラミングを単一の環境で組み合わせて活用することができます。

MATLAB の知識を適用して、以下を実行できます。

  • パラメーターの最適化
  • ブロックの新規作成
  • テストと自動スクリプトの記述
  • 何千ものシミュレーションを並列に実行
  • シミュレーション結果の解析

「Simulink は特に開発プロセスの 2 つの段階において役に立ちました。まず開発初期には、Simulink を活用してアイデアを試作し、どのように機能するかを可視化することができました。そして、コードを生成して実車テストを実施した後にも、シミュレーション実行、設計の調整、コード再生成を繰り返すことができました。」

Jonny Andersson, Scania