MATLAB と Simulink による継続的インテグレーション

MATLAB コードと Simulink モデルのビルド、テスト、パッケージ化、および配布を自動化

継続的インテグレーション (CI) を使用すると、コードとモデルの品質を向上させたり、チームでの共同作業を行えるほか、統合の問題を早期に検出して、その問題が発生した経路を追跡することができます。

CI を使用して、MATLAB® コードと Simulink® モデルの自動的なテストと検証、MEX ファイルの作成、コードの生成、配布用のツールボックスまたはライブラリのパッケージ化を行います。これらの機能により、チームはライフサイクル全体を通してアジャイル開発手法を採用し、順守することができます。

継続的インテグレーションに MATLAB と Simulink を使用する

例のパイプライン

独自の CI サーバーで MATLAB と Simulink を実行する

独自のオートメーション サーバーで CI を実行し、コードを実行する場所、実行するタイミング、MATLAB と Simulink のコード生成製品やコンパイラー製品などの使用製品を制御します。オンプレミスまたはクラウドで CI サーバーを管理します。

注: 複数のホストまたはクラウドで CI を実行する場合は、MathWorks CI チームにお問い合わせください。MathWorks のコード生成製品やコンパイラー製品などの変換用製品には、クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要な場合があります。


Run MATLAB in a Cloud-Hosted CI Service for Projects Shared Publicly

Use MATLAB in Azure® DevOps or CircleCI® with your GitHub® repo. These cloud-hosted CI services manage your CI pipeline. They can build MEX files, run tests, package toolboxes, and update code-quality badges on GitHub. The service provides the current and prior release of MATLAB, Simulink, and most add-on products.

Note: MATLAB, Simulink, and most add-on products are available at no additional cost for batch-use-only in Azure DevOps or CircleCI. This service excludes specific transformation programs, such as MathWorks coder and compiler products, as noted on the Add-On Product Requirements & Platform Availability page.