リアルタイム シミュレーションとテスト向け MATLAB および Simulink

コントローラー、ビジョン、および DSP アルゴリズムのプロトタイプを作成し、リアルタイムの実行でシステムの動作を検証

Simulink® を使用してリアルタイム アプリケーションを構築し、Speedgoat リアルタイム ターゲット コンピューターおよび FPGA で実行します。MATLAB® でリアルタイム アプリケーションを操作するためのアプリやスクリプトを作成します。

リアルタイム シミュレーションおよびテストにより、以下のことが可能になります。

  • 制御システム設計の機能的な実行をハードウェアで改良および検証
  • 柔軟でスケーラブルなプラットフォームを使用した、新しいアイデアの継続的な調査およびテスト
  • 施設やシステムが利用できない場合でも、制御システムのハードウェアをテスト
  • 量産ハードウェアで実行するには複雑、高額、または危険なシナリオとハードウェアの交互作用を調査
  • 修正にそれほどコストのかからない早い段階でエラーを検出することにより、コストのかかる設計上の不具合を回避

「MATLAB と Simulink が提供する 1 つのプラットフォームで、当社の完全なワークフローおよびロボットシステムに必要なすべてのコンポーネントとプロトコルがサポートされています。これにより、安全でリアルタイムなデバイスを迅速に開発することができ、臨床試験にも対応できるようになりました。」

Maarten Beelen, Preceyes

リアルタイム シミュレーションとテストのための MATLAB および Simulink の使用

シミュレーション モデルから直接プロトタイプを構築

Speedgoat から、柔軟なターゲット コンピューター ハードウェア上で機能的なラピッド プロトタイピングを行います。アルゴリズム開発者は、Simulink を使用することにより、実装を開始する前にモデルを作成して設計、トレードオフの調査、システム アーキテクチャの検証を行うことができます。C および HDL コードの自動生成を通して、同じモデルを使用して Speedgoat から I/O モジュールでテスト中のデバイスに接続されたハードウェア プロトタイプをすばやく作成することができます。


ハードウェアインザループ シミュレーションによるコントローラー設計の妥当性確認

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションは、リアルタイムのシミュレーションで制御設計を検証する技術です。物理システムは Simulink でモデル化され、ターゲット コンピューター上でリアルタイムにシミュレーションされ、制御アルゴリズムは組み込みハードウェア上で実行されます。組み込みハードウェアは、I/O 接続および通信プロトコルを通してターゲット コンピューターに接続されます。エンジニアは、HIL シミュレーションにより、物理プロトタイプを作成することなく、幅広い操作条件で制御設計をテストすることができます。 


Speedgoat を使ってアルゴリズムをハードウェアに接続

Speedgoat ハードウェア上で実行するマルチスレッド リアルタイム アプリケーションを Simulink から構築します。Speedgoat ハードウェアによって、リアルタイム アプリケーションの CPU 上でのマイクロ秒実行、および FPGA 上でのナノ秒実行が可能になります。さまざまなターゲット プラットフォームと幅広い I/O およびプロトコルのサポートにより、Speedgoat のターゲットをラピッド プロトタイピングまたはハードウェアインザループ向けに構成することができます。