モデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発)

開発プロセス全体でモデルを体系的に使用

モデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発) では、仮想モデルを中心に開発プロセスを進めることで、複雑なシステムの提供方法が改善されます。

モデルベースデザインを MATLAB® および Simulink® と併用すると、開発サイクルを短縮し、開発時間を 50% 以上削減することができます。

  • モデル化とシミュレーションにより、新しいアイデアを試し、高速かつ再現性のあるテストを行います。
  • レポート作成コードの記述検証などの重要なステップを自動化することで、手動の手順を省き、ヒューマンエラーを削減します。
  • 要件やシステムアーキテクチャからコンポーネント設計やテストまで、トレーサビリティを備えたデジタルスレッドを構築します。
  • モデルをデジタルツインとして使用し、予知保全、故障の検出、運用中のシステムの最適化を行います。
モデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発)

モデルベースデザイン向け
MATLAB および Simulink の使用

「モデルベースデザイン向け MathWorks ツールにより、開発の最初から最後まで一つの統合されたツールチェーンを使用できます。明確な要件のトレーサビリティが確立されたほか、ソフトウェアはモデルとして実装されて、そこからコードが自動生成されるため、よりメンテナンスしやすくなりました。」

Thomas Ehl, Continental

モデルベースデザインの用途:

アジャイル開発

アジャイル ソフトウェア開発

シミュレーション、自動テスト、コード生成により開発サイクルを短縮し、アジャイルチームを成功に導くことができます。

モデルベース システムズ エンジニアリング

Simulink が、要件やシステムアーキテクチャと詳細なコンポーネント設計、実装、テストの橋渡しをすることで、システムライフサイクル全体をサポートします。

デジタルツイン

モデルを運用中のシステムに拡張し、予知保全と故障解析を行います。

DevOps

シミュレーション、自動テスト、コード生成を通じて開発運用を繰り返すことで継続的なソフトウェア アップデートを提供します。

モデルベースデザインを始める

モデルベースデザインを段階的に導入することで、開発が遅延するリスクを軽減できます。まず 1 つのプロジェクトから始め、その最初の成功を基にモデルの使用とコード生成を拡張して導入を進めていきます。これにより、最初から確実に投資利益 (ROI) を回収できます。


今すぐ始める

Simulink 入門

Simulink 入門

Simulink の基礎を対話形式で学びます。

Stateflow 入門

Stateflow 入門

Stateflow® でステートマシンを作成、編集、シミュレーションするための基礎を学びます。

Simscape 入門

Simscape 入門

Simscape における物理システムのシミュレーションの基礎を学びます。

制御設計

Simulink による制御設計入門

最短で Simulink のフィードバック制御設計の基礎を学びます。