Instrument Control Toolbox

更新

 

Instrument Control Toolbox

テスト機器と計測機器を制御してコンピューター周辺機器および産業オートメーション機器と通信

 

Instrument Control Toolbox™ を使用すると、MATLAB® をオシロスコープ、ファンクション ジェネレーター、信号アナライザー、電源、および分析機器などの機器に直接接続できます。このツールボックスは、IVI や VXIplug&play などのインスツルメント ドライバーを介して、または GPIB、VISA、TCP/IP、および UDP のような一般的に使用される通信プロトコルを使ったテキストベースの SCPI コマンドを介して機器に接続します。また、コードを記述せずにテスト機器のデータを制御、収集できます。

Instrument Control Toolbox では、MATLAB で生成したデータを機器に伝送したり、分析や可視化のために MATLAB にデータを読み込むことができます。LXI、PXI、および AXIe 標準に基づいてテストの自動化、ハードウェア設計の確認、テストシステムの構築を行うことができます。

このツールボックスは、MATLAB から他のコンピューターおよびプリント基板 (PCB) と遠隔通信するための、TCP/IP、UDP、I2C、SPI、および Bluetooth® シリアルプロトコルに対する組込みサポートを提供します。また、ツールボックスには MODBUS プロトコルのための機能とアプリが付属しており、プログラマブル ロジック コントローラー (PLC) やプログラマブル オートメーション コントローラー (PAC) などの産業オートメーション機器と通信することが可能です。

5G および LTE 信号のテスト

RF テスト機器を使用した無線での無線波形の送信と収集

信号の収集と出力

RF シグナル ジェネレーターを使用して 5G、LTE、WLAN、および MATLAB で設計したカスタムの無線信号を出力します。また RF 信号とスペクトル アナライザーから無線データを収集して MATLAB でさらに詳しく分析します。

テスト アプリケーションの構築

テストシーケンスを自動化してグラフィカル アプリケーション (UI) を構築します。

テストの自動化と展開

Instrument Control Toolbox を使ってテスト機器に接続します。また、App Designer を使用して、設計の確認と量産テスト作業を自動化する UI を作成します。MATLAB Compiler™ を使用して複数の試験場にテスト アプリケーションを展開します。

データを収集してスコープ設定を調整するアプリ。

機器の操作

アプリと機能を使用してオシロスコープ、信号アナライザー、RF シグナル ジェネレーター、ネットワーク アナライザー、および電源などのさまざまな機器を操作します。RF 信号を無線送信し、さらに詳しく分析するために RF 信号を収集します。

クイックコントロール インターフェイス

クイックコントロール インターフェイスはオシロスコープ、ファンクション ジェネレーター、および RF シグナル ジェネレーターの制御で必要となる最も一般的な機能を提供します。波形を読み込み、スコープのオフセットとカップリングを調整し、任意の波形をシグナル ジェネレーターにダウンロードします。

機器により出力される LTE 信号のスペクトル。

Instrument Control アプリ

Instrument Control アプリを使用してコードを記述せずに機器と通信して設定します。このアプリは機器制御のセッションから自動的に MATLAB コードを生成します。生成されたコードは他の自動テストプログラムに組み込むことができます。

テキストベースの Instrument Control

VISA、GPIB、USB、TCP/IP、およびシリアルなどのインターフェース上でテキストベースの SCPI コマンドを使って機器と通信します。IVI、VXIplug&play と MATLAB インスツルメント ドライバーを使用して機器のプログラミングを簡略化します。

収集した IQ データのパワースペクトル密度。

インスツルメント ドライバーの使用と開発

IVI、VXIplug&play と MATLAB インスツルメント ドライバーを直接使用して、カスタムのインスツルメント ドライバーを開発してテストします。

インスツルメント ドライバーの使用

インスツルメント ドライバーを使用し、デバイスのプロトコルとは独立して機器と通信します。ベンダーから提供されている IVI と VXIplug&play インスツルメンツ ドライバーを直接使用する、またはツールボックスに付属するドライバー開発ツールで MATLAB インスツルメント ドライバーを作成します。

インスツルメント ドライバーを検索する Web ツール。 

インスツルメント ドライバーのカスタマイズ

MATLAB インスツルメント ドライバー エディターを使用して、既存のドライバーをインポートしてカスタマイズしたり、IVI と VXIplug&play ドライバーから MATLAB インスツルメント ドライバーを作成します。

インスツルメント ドライバー エディターでドライバーのプロパティを表示。

Modbus サーバーの操作

Modbus 通信のためのアプリと機能を使用して PLC などの産業機器からデータを収集します。

Modbus Explorer アプリ

Modbus Explorer アプリを使用してコードを記述せずに Modbus スレーブと通信することが可能です。Modbus RTU または Modbus TCP/IP での Modbus 接続を設定します。このアプリを使って MATLAB スクリプトを自動的に生成し、生成された MATLAB コードを他のプログラムで使用します。

I2C、SPI、およびBluetooth

アプリと機能を使用して、I2C センサー、SPI センサー、および Bluetooth センサーからデータを収集します。

デジタルセンサーへの接続

基板上の I2C または SPI センサーとの接続をオープンして、これらのデバイスからデータの読み込みと書き込みを行います。Bluetooth シリアルポート プロファイル (SPP) をサポートする Bluetooth デバイスとデータを送受信します。

I2C を使用してデジタル加速度計からデータを読み込み。

TCP/IP と UDP 通信

TCP/IP と UDP プロトコルでデータを送受信します。

ネットワークデバイスへの接続

MATLAB と Simulink® から TCP/IP と UDP でテスト機器および他のネットワークデバイスとのインターフェイスを行います。Simulink モデルからリモートのコンピューターに UDP でデータを送信します。

収集した IQ (同相/直交) 信号のプロット。

サポートされるハードウェア

オシロスコープ、信号アナライザー、シグナル ジェネレーター、ネットワーク アナライザー、電源、および電力計などのさまざまな機器を使用してテストシステムを構築します。

サポートされるハードウェアと規格

Keysight™、Rohde & Schwarz、Tektronix®、および National Instruments® などのベンチトップおよびモジュラー機器がサポートされています。VISA、GPIB、SCPI、IVI、VXIplug&play、LXI、PXI、および AXIe の規格もサポートされています。詳細はリンクを参照してください:

サポートされるハードウェアのリストを見る。

新機能

Modbus Explorer アプリ

Modbus 通信を構成し、コードを作成することなくレジスタを読み書き

Modbus Protocol のサポート

TCP/IP およびシリアルでの MODBUS プロトコルを使用したハードウェアとの通信

クイックコントロール RF シグナル ジェネレーター インターフェイス

シンプルなインターフェイスを使用して簡単に信号をダウンロードし、RF シグナル ジェネレーターを制御

VISA のサポート

Rohde & Schwarz R&S VISA を使用して機器と通信

UDP および TCP/IP 通信

UDP と TCP/IP クライアントブロックの拡張設定オプションを使用して Simulink でより柔軟にデータを送受信

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

詳細を見る