Simulink PLC Coder

 

Simulink PLC Coder

PLC および PAC 用の IEC 61131-3 ストラクチャード テキストおよびラダー図を生成する

詳細を見る:

多種多様な実行環境

ストラクチャード テキストおよびラダー図を生成します。コード配布は無償です。

サードパーティ製 IDE のサポート

Simulink PLC Coder は、サードパーティ製 IDE (Siemens® STEP 7/TIA Portal、Rockwell Automation® Studio 5000、3S CODESYS®、PLCopen XML など) で使用されているさまざまなファイル形式でストラクチャード テキストを生成します。また、Simulink PLC Coder は、Rockwell Automation Studio 5000 用のラダー図を生成します。

Simulink PLC Coder は、多数のサードパーティ製 IDE (Siemens STEP 7/TIA Portal、Rockwell Automation Studio 5000、3S CODESYS、PLCopen XML など) をサポートします。

Simulink PLC Coder は、多数のサードパーティ製 IDE (Siemens STEP 7/TIA Portal、Rockwell Automation Studio 5000、3S CODESYS、PLCopen XML など) をサポートします。

ストラクチャード テキストの生成

Simulink PLC Coder は 180 以上の Simulink ブロック、すべての Stateflow 構造、および多数の MATLAB 関数でサポートされており、フィードバックループ、モードロジックと状態ロジック、および数学計算が多いアルゴリズムから成る制御システムモデルからストラクチャード テキストを生成します。

180 以上の Simulink ブロック、すべての Stateflow 構造、および多数の MATLAB 関数が Simulink PLC Coder によってサポートされています。

180 以上の Simulink ブロック、すべての Stateflow 構造、および多数の MATLAB 関数が Simulink PLC Coder によってサポートされています。

ラダー図のインポートおよび生成

Rockwell Automation Studio 5000 ラダー図をシミュレーションおよび検証のために Simulink にインポートします。CODESYS、Studio 5000、および PLCopen XML 形式のラダーロジックを生成します。IDE のエミュレーターで実行するテストベンチを生成および実行することにより、生成されたラダー図を検証します。

ラダー図を生成して、IDE にインポートします。

ラダー図を生成して、IDE にインポートします。

コード最適化、テスト、および検証

生成されたコードが PLC で効率的かつ正しく動作することを確認します。

コード最適化

Simulink PLC Coder は、メモリサイズを縮小し、生成されたストラクチャード テキストおよびラダー図の実行速度を向上させるために、デフォルトで最適化を適用します。これらの最適化には、デッドコードの除去、式の折り畳み、サブシステムの再利用などがあります。

最適化されたストラクチャード テキストの例。Simulink PLC Coder は、Simulink、Stateflow、および MATLAB 関数用に最適化され、かつ高度に統合されたコードを生成します。

最適化されたストラクチャード テキストの例。Simulink PLC Coder は、Simulink、Stateflow、および MATLAB 関数用に最適化され、かつ高度に統合されたコードを生成します。

コードのコメント設定、双方向追跡、および文書化

コメント、ユーザー指定のブロックの説明、および双方向リンクにより、Simulink モデルコンポーネントと生成されたコード間を移動および追跡できます。コード生成レポートは、コードレビューおよびデバッグに関するすべての情報を統合します。

コード生成およびトレーサビリティ レポートにより、Simulink モデルコンポーネントと生成されたコード間を移動および追跡できます。

コード生成およびトレーサビリティ レポートにより、Simulink モデルコンポーネントと生成されたコード間を移動および追跡できます。

コードのテストと検証

テストベンチを生成して、Simulink のシミュレーション結果と PLC の結果の違いが許容誤差に収まるかどうかを検証します。Simulink PLC Coder と Simulink Coder™Simulink Real-Time™、および Speedgoat ターゲット コンピューターを一緒に使用して、ハードウェアインザループ テストをリアルタイムで実行します。

モデルのシミュレーション結果とストラクチャード テキストおよびラダー図の実行結果の違いが許容誤差に収まるかどうかを検証するために生成されたテストハーネス。

モデルのシミュレーション結果とストラクチャード テキストおよびラダー図の実行結果の違いが許容誤差に収まるかどうかを検証するために生成されたテストハーネス。

成功事例

さまざまな産業分野のエンジニアがアプリケーションのストラクチャード テキストの生成に Simulink PLC Coder を使用しています。その一部をご紹介します。