IEC Certification Kit (for ISO 26262 and IEC 61508)

更新

ツールの分類とツールの適格性確認

機能安全基準に従い、仕様、設計、コード生成、検証のための MathWorks のツールを、適格性確認の成果物やテンプレート ドキュメントを使用して分類し、その適格性を確認します。

TÜV SÜD 認証成果物

TÜV SÜD の認証書と認証報告書により、セーフティケースおよびツール適格性確認パッケージを強化します。

ISO 26262 に対応したモデルベースデザインのケーススタディ

ISO 26262 への準拠を確保しながら、モデルベースデザインを活用してエンジニアリング プロセスの自動化と高速化を実現する方法を段階的に示したケーススタディを利用します。

IEC 61508 および関連規格のガイダンス

事前に適格性が確認され、広く用いられている実証済みのリファレンス ワークフローとツールのマッピング文書を使用して、プロジェクトや組織で規格に準拠したプロセスを確立します。サポート対象の規格は、IEC 61508 および派生規格である EN 50128、EN 50657IEC 62304、ISO 25119、ISO 26262 です。

Automotive SPICE (A-SPICE) に対応したツールのマッピング

トレーサビリティ、正確性、一貫性、完全性に焦点を当てたガイダンスにより、モデルベースデザインを使用して高品質の A-SPICE 準拠の製品を構築します。

ISO 21448 (SOTIF) に対応した検証および妥当性確認の手法

モデルベースデザインを使用して、ISO 21448:2021 (SOTIF) の要件を満たす先進運転支援システム (ADAS) と自動運転 (AD) アプリケーションを開発します。

シナリオベースのテストで、意図した機能の安全性を検証し、妥当性を確認します。

ISO 21434 に対応したサイバーセキュアなシステム

IEC Certification Kit のガイダンスを適用して組み込みソフトウェアに対する脆弱性の検出精度を高め、モデルベースデザインを使用してサイバーセキュアかつ ISO 21434 準拠のシステムを構築します。

KOSTAL Asia R&D Center、モデルベースデザインを用いて開発した車載ソフトウェアで ISO 26262 ASIL D 認証を取得

「モデルベースデザインを使用して、最高レベルの機能安全規格に対応したソフトウェアを設計、実装、検証することで、当社のチームはコスト削減、効率化、ソフトウェア品質の確保を実現しました。モデルベースデザインを使用せずに同じスケジュールでプロジェクトを進めようとしていたら、エンジニアの増員が必要になったでしょう。」

Cheng Hui, KOSTAL