Simulink Check

スタイルガイドラインやモデリング標準への準拠性を検証

 

Simulink Check™ は、開発中の標準およびガイドライン違反を特定する、業界認定のチェックやメトリクスを提供します。DO-178、ISO 26262、IEC 61508、IEC 62304、MathWorks Advisory Board (MAB) スタイルガイドラインなどの高信頼性ソフトウェア開発標準をサポートしています。編集中は、編集時チェックが準拠の問題を特定します。独自の標準やガイドラインに準拠するカスタムチェックを作成することも可能です。

Simulink Check が提供するサイズや複雑度などのメトリクスを使用して、モデルのアーキテクチャや標準への準拠性を評価できます。統合型のメトリクス ダッシュボードを使用し、設計ステータスと品質を評価できます。また、モデルの自動リファクタリング機能を使用して、重複する設計要素の置換、設計の複雑度の軽減、および、再利用可能なコンテンツの特定が可能です。 モデルスライサー ツールはモデル内の問題のある動作を切り離し、デバッグ用に簡略化されたモデルを生成します。

IEC Certification Kit (ISO 26262 および IEC 61508 用) および DO Qualification Kit (DO-178 用) を通じて、業界標準のサポートが可能です。

詳細を見る:

モデル品質の確認

スタイルガイドラインやモデリング標準への準拠を検証します。

高信頼性ソフトウェア開発のためのすぐに使用可能なチェック

モデルおよび生成されたコードの品質およびセキュリティを向上させるために、Simulink Check は、DO-178C、DO-331、ISO 26262、IEC 61508、EN 50128 の業界標準のほか、高信頼性ソフトウェアを開発するためのMISRA C: 2012、MAB スタイルガイドライン、および、IEC62304 の規格、そして、CERT C、CWE、および ISO/IEC TS 17961 といったセキュアコーディング規格等に対して、事前に構成されたチェックを提供します。

結果と推奨アクションを含む対話型レポート。

編集時のエラー特定と修正

スペルチェックがドキュメント内のスペルエラーを回避するのに役立つのと同様に、編集時チェックは、モデルを編集する際に違反を通知します。編集中にエラーを修正することにより、開発プロセスの遅い段階で発生する、コストのかかる手直し作業や追加テストを最小限に抑えることができます。

設計時に準拠の問題を発見および修正。

セキュリティ標準への準拠を確認

作成されたコードの CERT C、CWE、ISO/IEC TS 17961 への準拠性を改善するために、モデルを確認して、コーディング標準への準拠を可能にするモデル構造を特定できます。

作成されたコードのコーディング標準への準拠性を低下させるブロックを検出

モデルチェックの設定、カスタマイズ、および、自動化

モデルが組織独自の基準またはガイドラインに準拠していることを確認するために、モデルアドバイザー API またはモデルアドバイザーの設定エディターを使用して、モデリングのチェックおよび設定を調整できます。複数マシンによるチェックを並行処理して、準拠検証を加速できます。

モデルアドバイザーの設定エディターを使用してカスタムチェックを作成

モデルメトリクスの測定と表示

モデルベースデザインのツールからメトリクスを使用してプロジェクトの状況を評価します。

モデルメトリクスの収集

Simulink Check は、DO-178、DO-331、IEC 61508、IEC 62304、ISO 26262、および EN 50128 規格に準拠して、モデルのアーキテクチャ、複雑さ、および可読性を評価するために使用できるモデルメトリクスを収集します。

モデルメトリクス API を使用してカスタムメトリクスを収集。 

ダッシュボードを使用した統合メトリクスの表示

メトリクス  ダッシュボードは、モデルのサイズ、コードの行数、ガイドラインの準拠状況、再利用、複雑さなどのメトリクスを単一のビューで統合し、プロジェクトの品質に関する洞察を提供します。

設計ステータスを統合したビューを持つメトリクス ダッシュボード。

複雑なモデルの簡略化とデバッグ

モデルスライサーを使用して、動的解析と静的解析の組み合わせで機能を分離します。

依存関係の強調表示

モデルスライサーは、静的な依存関係解析を使用してブロック、信号、およびモデルコンポーネントの間の相互依存関係を強調表示します。また、シミュレーション中のアクティブな挙動に基づく動的依存関係解析を使用して、大規模または複雑なモデルにおける機能の依存関係を分かりやすくします。

スタンドアロンの簡略化モデルの作成

モデルスライサーは、ユーザー指定の開始点、記録された信号、またはシミュレーションの時間枠に基づいてモデルの一部を切り出し、シミュレーションでの挙動を保ちつつ規模を小さくしたモデルとして保存することで、デバッグを行いやすくするとともに、パフォーマンスを改善します。

スライスするモデルの部分を強調表示。 

Stateflow を使用したアクティビティベースのタイムスライス

モデルの強調表示を特定の Stateflow™ 状態および遷移が同時にアクティブになる時間間隔に制限することで、関心のある挙動を分離することができます。

状態がアクティブときにアクティブなロジックを特定。

設計を改善し、コンポーネントの再利用を増やすためのモデルのリファクタリング

保守性を向上させるための自動リファクタリングができるクローンおよびモデリングパターンを特定します。

モデリングクローンの特定とリファクタリング

モデリングクローンの特定ツールは、モデルを分析して、重複するモデリングパターンを見つけます。これらの重複するクローンを、再利用可能なライブラリに自動的にリファクタリングして、保守性を向上し、設計の複雑度を軽減することができます。

コンポーネントの再利用性およびモデルの可読性を向上するためのモデル変換

モデル トランスフォーマー ツールは、Variant Source ブロックまたは Variant Subsystem ブロックに変換可能なモデリング パターンを特定し、モデルのコンポーネント化と再利用性を向上するためにモデルをリファクタリングします。このツールは、可読性を向上するために削除できるデータ ストア ブロックを特定できます。

バリアントで置き換えることのできるモデリングパターンを見つけます。

新機能

MAB 5.0 のサポート

MAB 5.0 モデリング スタイル ガイドラインに対するモデルのチェックを自動化

モデル アドバイザーの設定エディターの改善

より柔軟かつ一元化されたエディターを使用し、カスタムのチェック設定を作成して更新

DO-254 チェック

DO-254 規約への準拠を検証

追加の JMAAB 5.1 チェック

JMAAB 5.1 モデリング スタイル ガイドラインに対するモデルのチェックを自動化

コード パースペクティブでの更新時チェック

コード生成でサポートされていないブロックを特定

自動クローン リファクタリング アプリ

サブシステムまたはライブラリパターンのクローン検出、リファクタリング、およびリファクタリング後のモデルの等価性をチェック

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。