Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

編集時チェックを使用したモデルの準拠性のチェック

編集時チェックを有効にすると、モデル アドバイザーは、モデル アドバイザー チェックのサブセットに対してモデルを評価します。モデル エディター ウィンドウで強調表示されているブロックは、モデル内に問題があることを警告しています。これにより、モデリングの問題をモデル設計プロセスの早い段階で見つけることができます。

モデルが編集時チェックを使用するように設定

次のいずれかの方法でモデルの編集時チェックを有効にすることができます。

  • [デバッグ] タブで、[診断][編集時チェック] を選択します。

  • [モデル化] タブで、[モデル アドバイザー][編集時チェック] を選択します。

  • 関数 edittime.setAdvisorChecking を使用し、コマンド ラインで編集時チェックを有効にします。

  • Embedded Coder® または Simulink® Coder™ のライセンスをお持ちの場合、編集時チェックを使用して、コード生成に固有の問題についてモデルを評価できます。これらのチェックを有効にするには、C コード アプリ (Embedded Coder)を開き、[C/C++ Code Advisor][編集時チェック] を選択します。

編集時チェックが有効になっている場合、モデル アドバイザー チェックに違反するモデル内のブロックがモデル アドバイザーで強調表示されます。

チェック項目違反を確認するには、強調表示されたブロックの上のエラーまたは警告のアイコンをクリックします。診断ウィンドウが開き、モデル アドバイザー チェックに違反するモデリング問題についての情報が表示されます。ブロックが複数のチェックに違反する場合、診断ウィンドウを使用して問題を確認することができます。

モデリングの各問題について、診断ウィンドウを使用して次のことが可能です。

  • 原因を確認し、問題を修正するために推奨されるオプション (存在する場合) を表示する。

  • 疑問符をクリックして、違反しているモデル アドバイザー チェックに関する詳細なドキュメンテーションにアクセスする。

  • [非表示にする] をクリックして、警告を無視し、そのブロックをチェックの対象外指定リストに追加する。

この例では、編集時チェックを使用して、MAB ガイドラインに対するモデルの準拠性を編集中に確認します。

  1. モデルを開きます。この例では、コマンド プロンプトで「sldemo_fuelsys」と入力します。

  2. 編集時チェックを有効にするには、[モデル化] タブで、[モデル アドバイザー][編集時チェック] を選択します。

  3. モデル アドバイザーによっていくつかのブロックが強調表示されます。Throttle Angle Fault Switch ブロックの警告にカーソルを合わせて、問題を確認します。

    Model with edit-time checking turned on

  4. 警告を選択します。モデル アドバイザーに、ブロック名に不適切な文字が含まれていることが示されています。スペースをアンダースコア文字に置き換えると、警告が表示されなくなります。

モデル アドバイザー設定による編集時チェックの表示とカスタマイズ

編集時チェックで使用可能なモデル アドバイザー チェックは、モデル アドバイザー設定ファイルで指定されます。モデル アドバイザーの設定エディターを使用すると、既存の設定ファイルを確認して変更したり、新規設定ファイルを作成したりできます。

モデル アドバイザー設定ファイルを開き、編集時のチェックでの使用が有効になっているモデル アドバイザー チェックを確認するには、次のようにします。

  1. Simulink エディターで、[モデル化] タブをクリックし、[モデル アドバイザー][編集時チェックのカスタマイズ] を選択します。

  2. モデル アドバイザーの設定エディターが開きます。モデル アドバイザーによって現在使用されている設定のファイル名は、ウィンドウ上部に表示されています。正しい設定ファイルを評価していることを確認してください。別の設定ファイルを開くには、[開く] をクリックし、確認するファイルを参照します。

  3. モデル アドバイザーの設定エディターの [Model Advisor] タブで、[Edit time supported checks] オプションを選択します。フィルター済みのリストに、編集時チェックでサポートされるモデル アドバイザー チェックが示されます。

    メモ

    編集時のチェックに関して、モデル アドバイザー階層の複数のフォルダーにチェックが含まれる場合は、カスタム フォルダー内のチェックが優先されます。チェックがカスタム フォルダーにない場合、次に優先されるのは [タスク別] フォルダーで、最後に [製品別] フォルダー内のチェックとなります。

  4. [モデル アドバイザー] タブで、編集時チェック解析に含めるチェックの横にあるボックスをオンにします。解析を行わないチェックの横にあるボックスをオフにします。編集時チェックのカスタマイズを含め、モデル アドバイザーの設定エディターを使用してカスタムのモデル アドバイザー設定を作成する方法の詳細については、モデル アドバイザーの設定エディターを使用したモデル アドバイザーのカスタマイズを参照してください。

関連するトピック