Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルの準拠性のチェック

モデルが安全規格とガイドラインに準拠していることを検証

モデリング ガイドラインをプロジェクト チームと開発チームの全体に適用するために、モデル アドバイザーを使用してモデルのチェックを実行できます。チェックを実行する場合、モデル アドバイザーはチェック別に指定されている条件とコンフィギュレーション設定についてモデルを確認します。

Simulink® Check™ は、高信頼性システム モデリング ガイドラインと MathWorks® Advisory Board (MAB) モデリング ガイドラインに関連付けられた安全規格への準拠性に関するモデル アドバイザー チェックを備えています。モデル アドバイザーを使用したモデルの準拠性のチェックから始めます。

クラス

Advisor.ApplicationRun Model Advisor across model hierarchy
Advisor.ManagerManage applications

関数

edittime.getAdvisorCheckingDetermine whether edit-time checking is on
edittime.setAdvisorCheckingCheck your model interactively against modeling standards

トピック

モデル アドバイザー

モデル アドバイザーを使用したモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーと編集時のチェックを使用して、モデルまたはサブシステムがモデリング ガイドラインまたはモデリング標準に準拠していることを確認する。

モデル アドバイザーの設定エディターを使用したモデル アドバイザーのカスタマイズ

モデル アドバイザーの設定エディターを使用して、モデル アドバイザー チェックとフォルダーのコンフィギュレーションをカスタマイズする。

モデル アドバイザー レポートの生成

追加の形式でレポートを生成するようモデル アドバイザーを構成。

モデル アドバイザー チェックの解析からのブロックの除外

モデル アドバイザーのモデルまたはサブシステムの解析の範囲を制限可能。

モデル アドバイザー チェック

DO-178C/DO-331 標準へのモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーを使用した、モデルまたはサブシステムが DO-178C 安全規格の一部に準拠することのチェック。

DO-254 標準へのモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーを使用した、モデルまたはサブシステムが DO-254 安全規格の一部に準拠することのチェック。

IEC 61508、IEC 62304、ISO 26262、ISO 25119 および EN 50128/EN 50657 の各規格へのモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーを使用して、モデルまたはサブシステムが IEC 61508、IEC 62304、ISO 26262 および EN 50128/EN 50657 安全規格の一部に準拠することをチェックする。

高信頼性システム モデリングのモデル チェック

モデル アドバイザーを使用して、モデルまたはサブシステムが高信頼性システム モデルの安全規格の一部に準拠するかをチェックする。

MAB および JMAAB へのモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーを使用して、モデルまたはサブシステムが MathWorks Advisory Board (MAB) および Japan MATLAB® Automotive Advisory Board (JMAAB) モデリング ガイドラインに準拠することをチェックする。

MISRA C:2012 へのモデルの準拠性のチェック

モデル アドバイザーを使用した、モデルが MISRA C:2012 準拠のコードを生成する可能性が高いことのチェック。

モデルのセキュリティで保護されたコーディング (CERT C、CWE および ISO/IEC TS 17961 標準) のチェック

モデル アドバイザーを使用して、セキュリティで保護されたコーディング標準 CERT C、CWE、ISO/IEC TS 17961 にコードが準拠することをチェックする。

モデルの要件リンクのチェック

モデル アドバイザーを使用した、モデル内のすべての要件リンクが要件ドキュメント内に有効な参照先をもっていることのチェック。