Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルのリファクタリング

モデリング クローンとパターンを特定してモデルを変換

モデル トランスフォーマーおよびクローン検出器アプリを使用してモデルをリファクタリングし、モデルのコンポーネント化と可読性を改善して再利用を可能にします。

Variant Source ブロックまたは Variant Subsystem ブロックへの変換の条件を満たすモデル化パターンを特定します。モデル化パターンを Variant Source ブロックまたは Variant Subsystem ブロックに変換するモデルを作成します。Variant Subsystem ブロックと Variant Source ブロックを使用すると、バリアント選択と呼ばれるさまざまな条件式でのモデルの再利用が可能になります。アクティブなモデルでは、ユーザーのバリアント選択に従ってアクティブにした固定構造および可変コンポーネントが組み合わされています。

削除の条件を満たすデータ ストア ブロックを特定します。データ ストア ブロックを削除すると、データの依存関係が明示的になるため、モデルの可読性が改善されます。

クローンを特定し、それらのクローンをライブラリ内のサブシステム ブロックへのリンクに置き換えたモデルを作成します。クローンをライブラリ ブロックへのリンクに置き換えると、コンポーネントの再利用が可能になります。

共有 Prelookup ブロックおよび複数の Interpolation ブロックへの変換の条件を満たす n-D Lookup Table ブロックを特定します。この変換により、シミュレーションの効率が向上します。

関数

mdltransformerOpen Model Transformer
clonedetectionOpen Clone Detector app

アプリ

クローン検出器Enable model refactorization and subsystem reuse in models by identifying and replacing clones with library links or subsystem references

トピック

モデルをバリアント システムに変換

モデル トランスフォーマー ツールを使用した、モデルのバリアント システムへの変換。

ローカル データ ストア ブロックの削除によるモデルの可読性の改善

モデル トランスフォーマー ツールを使用して、データ ストア ブロックを直結信号線、Delay ブロックまたは Merge ブロックに置き換えることにより、モデル内でのデータの依存関係を明示的にする。

クローン検出を使用したコンポーネント再利用の有効化

クローン検出器アプリを使用してサブシステムのクローンをライブラリ ブロックで置き換えます。

厳密クローンをサブシステム参照に置換

クローン検出器アプリを使用して、厳密クローンをサブシステム参照ブロックに置き換える。

Lookup Table ブロックの Prelookup 操作を最適化することによるシミュレーション効率の向上

モデル トランスフォーマー ツールを使用して、複数の n-D Lookup Table ブロックを共有 Prelookup ブロックおよび複数の Interpolation ブロックに変換する。