Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

複数のシステムをチェックするための関数の作成

モデルについて複数のチェックをプログラムで実行する関数を作成できます。この関数は、失敗と警告の数を返します。

現在のディレクトリへの構成ファイルのコピー

書き込み可能なディレクトリに、カスタムのモデル アドバイザー構成ファイル demoConfiguration.json をコピーします。

  1. MATLAB で、現在のフォルダーを書き込み可能なディレクトリに設定します。

  2. MATLAB コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力します。MATLAB により、ファイルが書き込み可能なディレクトリにコピーされます。

    copyfile(fullfile(matlabroot,'examples','slcheck','main','prepare_cust_chk_code.m'),...'prepare_cust_chk_code.m','f');
    run('prepare_cust_chk_code.m');
  3. サンプル ファイル内で、demoConfiguration.json に注目します。このファイルは、解析中に実行されるモデル アドバイザー チェックを定義します。カスタムの構成ファイル作成の詳細については、モデル アドバイザーの設定エディターを使用したカスタム モデル アドバイザー設定の作成を参照してください。

プログラムによってチェックを実行する関数の定義

  1. MATLAB® ウィンドウで、[新規][関数] を選択します。

  2. ファイルを run_configuration.m として保存します。

  3. 関数内で、untitled を右クリックして [関数名をファイル名に置き換えてください。] を選択します。関数名が run_configuration に更新されます。

    function [outputArg1, outputArg2] = run_configuration(inputArg1,inputArg2)

  4. 出力引数と入力引数を定義します。出力引数について、それぞれの値を入力した後 Shift-Enter キーを押して、関数内のインライン インスタンスを自動的に更新します。

    • output_Arg1fail

    • output_Arg2warn

    • inputArg1, inputArg2SysList

    function [fail, warn] = run_configuration(SysList)
    fail = inputArg1;
    warn = inputArg2;
    

  5. 関数内で、モデル アドバイザー構成ファイルと、解析の実行対象となるシステムを指定します。

    SysList={SysList={'AdvisorCustomizationExample/Amplifier',...
        'sldemo_auto_climatecontrol/Heater Control','rtwdemo_iec61508'};
    fileName = 'demoConfiguration.json';
    

  6. 関数 ModelAdvisor.run を呼び出します。

    SysResultObjArray = ModelAdvisor.run(SysList,'Configuration',fileName);
    

  7. 警告と失敗を返すチェックの数を特定します。

    fail = 0;
    warn = 0;
    
    for i=1:length(SysResultObjArray)
        fail = fail + SysResultObjArray{i}.numFail;
        warn = warn + SysResultObjArray{i}.numWarn;
    

    この関数は以下のようになるはずです。

    function [fail, warn] = run_configuration(SysList)
    
    %RUN_CONFIGURATION Check systems with Model Advisor
    %   Check systems given as input and return number of warnings and
    %   failures.
    
    SysList={SysList={'AdvisorCustomizationExample/Amplifier',...
        'sldemo_auto_climatecontrol/Heater Control','rtwdemo_iec61508'};
    fileName = 'demoConfiguration.json';
    
    % Run the Model Advisor.
    SysResultObjArray = ModelAdvisor.run(SysList,'Configuration', fileName);
    fail = 0;
    warn = 0;
    
    for i=1:length(SysResultObjArray)
        fail = fail + SysResultObjArray{i}.numFail;
        warn = warn + SysResultObjArray{i}.numWarn;
    end
    

  8. 関数を保存します。

  9. 関数をテストします。MATLAB コマンド ウィンドウで、run_configuration.m を実行します。

  10. 結果を確認します。「概要レポート」リンクをクリックして、モデル アドバイザー コマンド ライン概要レポートを開きます。

参考

|

関連するトピック