Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル アドバイザー チェック実行の自動化

モデル アドバイザーのバッチ モデル実行

モデル アドバイザー API を使用すると、モデル アドバイザーをバッチ モードで実行し、1 つ以上のシステムでモデル アドバイザー チェックを実行するスクリプトおよび関数を作成し、モデル アドバイザーに既定の設定を指定し、モデル アドバイザー チェックの不足についての警告を非表示にすることができます。

クラス

Advisor.ApplicationRun Model Advisor across model hierarchy
ModelAdvisor.SystemResultAccess system-level Model Advisor results
ModelAdvisor.CheckResultAccess Model Advisor check results
Advisor.ManagerManage applications

関数

ModelAdvisor.lookupCheckIDLook up Model Advisor check ID
ModelAdvisor.runRun Model Advisor checks on systems
ModelAdvisor.SystemResult.getReportFileNameGet report file name for ModelAdvisor.run system result object
ModelAdvisor.summaryReportOpen Model Advisor Command-Line Summary report
viewView Model Advisor run results for checks
viewReportView Model Advisor run results for systems

トピック

プログラミングによるシステムのチェック

スクリプトと関数を使用した、プログラミングによるモデル アドバイザーの実行。

複数のシステムをチェックするための関数の作成

モデルで複数のチェックを実行する関数の作成。

複数のシステムを並行してチェックするための関数の作成

処理時間を短縮するには、複数のシステムを並行してチェックする関数を作成。

結果のアーカイブと表示

プログラムによってモデル アドバイザーを実行した後に、結果をアーカイブして表示可能。

モデル アドバイザーの実行結果のアーカイブと表示

この例では、モデル アドバイザーの実行結果をアーカイブして表示する方法を説明します。