Main Content

モデル アドバイザーの実行結果のアーカイブと表示

この例は、チェックの実行結果をアーカイブして、後で確認できるようにする方法を示しています。アーカイブと確認のシミュレーションができるように、結果を保存し、MATLAB® ワークスペースをクリアし (MATLAB のシャットダウンのシミュレーション)、結果の読み込みと確認を行う方法についてこのチュートリアルの各手順で詳しく説明します。

  1. モデル例 sldemo_auto_climatecontrol を開きます。

    openExample('sldemo_auto_climatecontrol')
  2. 関数 ModelAdvisor.run を呼び出します。

    SysResultObjArray = ModelAdvisor.run('sldemo_auto_climatecontrol/Heater Control',...
    'mathworks.maab.jc_0021');

  3. SysResulObjArray を保存して、後で使用できるようにします。

    save my_model_advisor_run SysResultObjArray

  4. 後で結果を表示するシミュレーションを行えるように、ワークスペースをクリアします。

    clear

  5. モデル アドバイザーの実行結果を読み込みます。

    load my_model_advisor_run SysResultObjArray

  6. モデル アドバイザーで結果を表示します。

    viewReport(SysResultObjArray{1},'MA')

参考

関連するトピック