Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink Check

設計品質の測定、検証アクティビティの追跡、標準への準拠性の検証

Simulink® Check™ はモデル、要件、テストを解析し、設計の品質と標準への準拠性を評価します。開発中にモデリング標準およびガイドラインの違反を特定する、業界認定のチェックとメトリクスを提供します。サポートされる高信頼性ソフトウェア開発標準には、ISO 26262、DO-178C、DO-254、IEC 61508、ISO 25119、IEC 62304、および MathWorks Advisory Board (MAB) スタイル ガイドラインが含まれます。Simulink Check は、CERT C、CWE、および ISO/IEC TS 17961 といった、セキュリティで保護されたコーディング標準もサポートします。独自の標準やガイドラインに準拠するカスタム チェックを作成することができます。編集する際、編集時チェックが準拠問題を特定します。

Simulink Check は、サイズおよび複雑度など、設計のステータスと品質を評価するためのメトリクスを提供します。モデル テスト ダッシュボードでは、要件に基づくテスト アクティビティで得られたデータを統合して、テストのステータスを追跡します。自動モデル リファクタリングにより、モデリング クローンの置換、設計の複雑度の削減、および再利用可能なコンテンツの特定を行うことができます。モデル スライサー ツールは、問題のあるモデル動作を分離して、デバッグ用の簡略化モデルを生成します。

業界標準には、IEC Certification Kit (ISO 26262 と IEC 61508 用)DO Qualification Kit (DO-178 用) によって対応しています。

Simulink Check 入門

Simulink Check の基礎を学ぶ

モデルの準拠性のチェック

モデルが安全規格とガイドラインに準拠していることを検証

モデル チェックのカスタマイズ

モデル アドバイザーのチェックおよびコンフィギュレーションの作成と、ユーザーへの配布

モデルとテスト メトリクスの収集

モデル メトリクス データを収集してカスタム モデル メトリクスを作成

モデルのリファクタリング

モデリング クローンとパターンを特定してモデルを変換

依存関係の解析によるモデルの簡略化

端子、信号、ブロックの依存関係をトレースし、大規模なモデルをスタンドアロンの簡略化モデルにスライス化します。

検証と確認

Simulink 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証します

ツールの検定と認定

DO および IEC 認定のための Simulink Check の検定