Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

依存関係の解析によるモデルの簡略化

端子、信号、ブロックの依存関係をトレースし、大規模なモデルをスタンドアロンの簡略化モデルにスライス化します。

依存関係の解析は、モデル全体にわたってブロック、信号、モデル コンポーネントの相互依存性を特定します。依存関係の特定に時間がかかる場合がある大規模なモデルまたは複雑なモデルの機能の依存関係をよりよく理解するには、モデル スライサーを使用します。依存関係の解析のワークフローを参照してください。

クラス

SLSlicerAPI.SLSlicerClass representing a set of Model Slicer functionality

関数

slslicerCreate API object for invoking Model Slicer
slsliceroptionsCreate options object for configuring Model Slicer
slslicertraceReturn block handles in sliced model or source model after using Model Slicer

トピック

依存関係の解析の紹介

スタンドアロンの簡略化モデルの作成

簡略化モデルを生成する場合について説明します。

機能の依存関係の強調表示

モデル スライサーを使用して機能の依存関係を強調表示し、制約および除外を使用して、モデルの強調表示された部分を調整します。

Stateflow でのモデル スライサーの使用

Stateflow® でモデル スライサーを使用する場合のワークフローと、Stateflow に関連したモデル スライサーの動作について説明します。

アクティビティベースのタイム スライスを使用したアクティブな時間区間の強調表示

アクティビティベースのタイム スライスを使用して、選択したすべてのステートと遷移が同時にアクティブになるシミュレーション区間を強調表示し、スライスする。

モデルの強調表示およびスライス モデルの構成

モデル スライス マネージャーとモデル スライサーのオプション。

機能テストのためのモデル コンポーネントの分離

デバッグおよび調整のためにモデル コンポーネントをスライスする方法について説明する。

I/O 依存関係行列のプログラムによる生成

I/O 依存関係行列のプログラムによる生成。

モデル スライサーの考慮事項および制限事項

モデル スライサーの制限事項および考慮事項を説明します。

強調表示されたモデルの調整

強調表示されたモデルの調整

シミュレーション時間および除外を使用してモデルの強調表示された部分を絞り込む方法を説明します。

モデル スライサー データ インスペクターを使用した強調表示されたモデル スライスの調整

モデル スライサー データ インスペクターを使用して、ログ信号を検証し、強調表示されたモデル スライスを調整する。

依存関係の解析に備えたデッド ロジックの調整

モデル スライサーを使用してデッド ロジックを調整し、機能の依存関係を強調表示する。

高速リスタート モードを使用したスライス シミュレーションのデバッグ

高速リスタートを使用して、タイム ステップをステップ実行することによってスライス シミュレーションをデバッグする。

モデル スライサーを使用したモデルの予期せぬ動作のプログラムによる解決

予期せぬ動作を検出し、モデル スライサーを使用して予期せぬ動作をプログラムによって分離し、解決する。

既存の .slslicex またはデッド ロジック結果を使用した強調表示されたモデルの調整

既存のデータを使用してモデル内の機能の依存関係を強調表示する方法の説明。

スタンドアロンの簡略化モデルの作成

スタンドアロンの簡略化モデルの作成

簡略化モデルを生成する場合について説明します。

コンテンツのインライン化によるスタンドアロン モデルの簡略化

インライン コンテンツ オプションの使用方法を説明します。

バリアント システムの簡略化

バリアント マネージャーを使用してモデルを削減し、選択したバリアント コンフィギュレーションのみを含むスタンドアロンの簡略化モデルにする方法を説明するチュートリアル。

注目の例