Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

複数インスタンスの参照モデルの依存関係の強調表示

1 つの参照モデルのインスタンスを複数もつ Simulink モデルで機能の依存関係を強調表示するには、モデル スライサーを使用します。モデル スライサーは、ノーマル シミュレーション モードで同じモデルに対する参照を 1 つ以上含む Simulink モデルで使用できます。

この例では、参照モデルのインスタンスが複数ある場合のモデル スライサーの動作について説明します。slslicerdemo_multi_instance モデルは、信号フロー遷移の途中に、別々の入力で 2 回参照された sldemo_mdlref_counter で構成されています。

1.モデル slslicerdemo_multi_instance.slx を開きます。

open_system('slslicerdemo_multi_instance');

2.[モデルの検証とテスト] ギャラリーの下の [アプリ] タブで、[モデル スライサー] をクリックします。

3.モデル スライサーのウィンドウで、[すべての出力端子を追加] をクリックします。これにより、OutAOutB が開始点として設定されます。

4.[信号伝播][上流] に設定されていることを確認します。

5.[シミュレーション時間枠] セクションで、[シミュレーションを実行] をクリックします。

6.シミュレーション時間枠で、[OK] をクリックします。モデルのシミュレーションが開始されます。

7.シミュレートされたモデルで、出力端子 OutA および OutB の上流の依存関係が強調表示されます。

両方のインスタンスの参照モデルで、信号移動の対象となる別々の信号伝播が Simulink スライサーによって強調表示されていることがわかります。

8.スライスを生成するには、[スライスの生成] をクリックします。

詳細